Tokiko50周年へ500曲マラソン

加藤登紀子の歌を毎日ツイッターで紹介します。

    

「Tokiko50周年へ500曲マラソン」はデビュー50周年キックオフ(2014年11月末)までの
500日間、毎日その日にまつわる出来事と歌一曲をTwitterでご紹介していきます。

今日の1曲

        
No. 曲名 日付 コメント 楽曲チェック
No.500 「灰色の瞳」 2014/11/25 今日で加藤登紀子50周年500曲マラソンのゴール。
11/5発売の50周年記念4枚組のアルバム「終わりなき歌」の中にも収録、ゴスペラーズの村上てつやさんとのデュエット「灰色の瞳」
No.499 「灯」 2014/11/24 さすらい歌特集④
「灯」。ロシア民謡の定番、アルバム「ロシアのすたるじい」(1971)。
バイオリンは千本磬子さん。素晴らしい!
No.498 「サンバ・プレリュード」 2014/11/23 さすらい歌特集③
「サンバ・プレリュード」。長谷川きよしさんとのデュエット盤。(1978)。
二つの曲を重ねた珠玉のデュエット。
No.497 「さよならの口笛」 2014/11/22 さすらい歌特集②
「さよならの口笛」加藤登紀子1971年作詞作曲。この年の3枚目のドーナツ盤。「五右衛門節」とカップリング。
No.496 「とまどい」 2014/11/21 アルバム「晴れ上がる空のように」発売(1996) 。これも恋歌ですが、、「とまどい」。ダンサブルなアレンジで。
No.495 「さすらい」 2014/11/20 さすらい歌特集①
「さすらい」。アルバム「日本哀歌集」(1971)の一曲。小林旭さんのヒット作。得意のカバーです。
No.494 「ラブ・ロマンス」 2014/11/19 恋歌特集⑫
「ラブ・ロマンス」。アルバム「さくらんぼの実る頃」(1992)。アレンジが菅野よう子さん。聞き応えがあります。
No.493 「哀愁のモスクワ」 2014/11/18 モスクワでコンサート(2000)。
デビュー間もない頃レコーディングした「哀愁のモスクワ」('68)'68年にもソ連に演奏旅行に行きました。そんな訳でこの歌をリリース
No.492 「モヤブルガリア」 2014/11/17 ソフィアコンサート (1995)。
「モヤブルガリア」。国歌のように愛されている歌。コンサートで歌った。アルバム「Tokiko ロマンティック」に収録(1997)。
No.491 「夢と知りせば」 2014/11/16 恋歌特集⑪
「夢と知りせば」。アルバム「My Story 時には昔の話を」。この辺の感じがこの頃のJ-POPでしたね。作曲はベーシスト 吉田建。
No.490 「渚の伝説」 2014/11/15 恋歌特集⑩
「渚の伝説」。この歌もアレンジのマークゴールデンバーグの世界に浸って創った歌。アルバム「Ethnic Dance」(1986)。
No.489 「ロマネスク」 2014/11/14 恋歌特集⑨
「ロマネスク」これもやった!と思った面白い歌だったけどあんまり歌ってこなかった。アルバム「最後のダンスパーティー」(1984)白井良明アレンジ
No.488 「私のボヘミアン」 2014/11/13 恋歌特集⑧
「私のボヘミアン」。アルバム「さくらんぼの実る頃」の素敵な一曲。菅野よう子さんのアレンジもいいよ!間奏のバンドネオンが素晴らしい!
No.487 「フランチェスカの鐘」 2014/11/12 恋歌特集⑦
「フランチェスカの鐘」。私が3歳の頃に大ヒット。いつも歌っていたそうです。アルバム「SONGSーうたが街に流れていた」に収録(2008)。
No.486 「人生に乾杯を」 2014/11/11 日本初のウイスキー工場、寿屋が京都山崎に竣工(1924)。「人生に乾杯を」という歌をアルバム「男情歌」でカバーしました(2010)。
No.485 「草原」 2014/11/10 森繁久彌さん亡くなる(2009)私の日本語訳を森繁さんが気に入って歌って下さった、思い出の歌。ロシア民謡の「草原」。
No.484 「棘あるバラ」 2014/11/09 恋歌特集⑥
「棘あるバラ」アルバム「Out of Border」にRec(1981)。これはなかなかの曲で,ずっと後になってアルバム「花筐」でもリメイクしました
No.483 「終わったよ」 2014/11/08 恋歌特集⑤
「終わったよ」(1970)。「帰りたい帰れない」のB面になった初期のオリジナル曲。結構好きだったんだけど、陽の目を見てませんね。(笑)
No.482 「悲しみのヴェニス」 2014/11/07 越路吹雪没('24-'80)誕生花、マリーゴールド。花言葉、別れの悲しみ。別れの歌を。
シャルル・アズナブールの「悲しみのヴェニス」アルバム「私は私」('86)の一曲
50代の若い最期だったんですね。
No.481 「あんたのいない部屋」 2014/11/06 恋歌特集④
「あんたのいない部屋」。
アルバム「色即是空」(1972)。若いということは、寂しいってことですね。苦しい、という字にも似てるし。
No.480 「愛する人に歌わせないで」 2014/11/05 アルバム「ひとり寝の子守唄」発売 (1969)。「愛する人に歌わせないで」。森山良子さんの歌のカバーです。
No.479 「ハッピーバースシー」 2014/11/04 7番目の孫誕生日(2013)。女の子が欲しくてYaeが頑張りました。めでたく今日で1歳。「銀のさら」のCMソング「ハッピーバースシー」を贈ります。
No.478 「あなたに捧げる歌」 2014/11/03 恋歌特集③
「あなたに捧げる歌」
アルバム「春待草」(2000)。作曲したのはもっと前だったけど。
No.477 「恋の別れ道」 2014/11/02 恋歌特集②
「恋の別れ道」('66)はっきり演歌です!なかなかレコードが売れなくて演歌で勝負と腹を括ったら「赤い風船」が新人賞受賞と決まり慌てて抹殺しようとした歌。
これも歴史の秘話。アルバム「赤い風船」の中に残っていたので思い切って入れました。
No.476 「愛がとどかない」 2014/11/01 恋歌特集①
「愛がとどかない」(1994)。
ドラマのテーマでした。曲は Voiceというグループ。珍しいセッション曲です。
No.475 「赤い靴」 2014/10/31 横浜でガス灯が点火された日(1872)。野口雨情の傑作「赤い靴」。童謡のアルバム「赤い靴」より。
今日は穏やかにロマンティックに!
No.474 「首吊り男」 2014/10/30 ドストエフスキーの誕生日(1821)。不吉なタイトルなのでどうしても500曲マラソンに入れられなくて残されてきた「首吊り男」。1972年7月25日の日比谷野音で歌った歌。
アラン・バリエールというシャンソン歌手の名曲なんです。
No.473 「北帰行」 2014/10/29 北の歌特集③
「北帰行」。アルバム「日本哀歌集」と「日本寮歌集」の両方でRecしています。寮歌集の方が正当派でしょう。なのでそちらを聞いてください。
No.472 「海辺の旅」 2014/10/28 岩谷時子没(2013)書き下ろしでレコーディングした映画「新・喜びも悲しみもいく年月」のテーマソング「海辺の旅」。1986年の日比谷野音で歌いました。
No.471 「北の都に秋たけて」 2014/10/27 北の歌特集②
「北の都に秋たけて」旧四高、金沢大学の寮歌、「日本寮歌集」(1972)より。今も人気のある寮歌です。
No.470 「ふくしま・うた語り」 2014/10/26 原子力の日('64)東海村で日本初の原子力発電成功('63)に因む。鎌田實さんと一緒に作った「ふくしま・うた語り」から彼の詩と語りを元に作った「海よ、大地よ」。
福島を応援するためのアルバム。胸に迫る言葉を受け止めてください。
No.469 「巴里ふたたび」 2014/10/25 アルバム「シパンゴ」発売(1991)。この中から「巴里ふたたび」フランシス・レイ書き下ろしの曲。
私のための曲なので私しか歌っていない。とても貴重です。
No.468 「北の便りを」 2014/10/24 北の歌特集①
「北の便りを」。アルバム「My Story」(1987)。ラーメンのCMソングでした。CMですが一応、書き下ろし曲なので、魂入れてます!
No.467 「ウラルのグミの木」 2014/10/23 霜降(露が冷気によって霜になって降る)。
何か寒そうな森のイメージで、「ウラルのグミの木」。アルバム「ロシアのすたるじい」の一曲。
No.466 「汚れちまった悲しみに」 2014/10/22 中原中也の命日(1907-1937) 「汚れちまった悲しみに」。告井延隆の作曲。レコーディングをしていない惜しい歌。ライブで一度歌ったきりです。
No.465 「悲しきプレリュード」 2014/10/21 学徒出陣の日(1943)。
戦前の歌を集めたアルバム「夢の人魚」から「悲しきプレリュード」を。悲惨な敗戦への坂道を転げ落ちて行った象徴的な出来事。
No.464 「ガラスの道」 2014/10/20 秋の日特集⑬
アルバム「Out of Border」の中の「ガラスの道」。切ない都会の心の隙間を歌っています。地味でなかなかライブに登場しないけど、心に響く歌だと思います。
No.463 「イマジネーション」 2014/10/19 秋の日特集⑫
「イマジネーション」「最後のダンスパーティー」の1曲。シュールなラブソング。実験的なトライを沢山したアルバム。ムーン・ライダースのギタリスト、白井良明プロデュース
No.462 「逢瀬」 2014/10/18 秋の日特集⑪
「逢瀬」。「いく時代かがありまして」(1975)。その後「Out of Border」でもリメイク。映画の1シーンのような歌。当時とってもリクエストの多い歌でした
No.461 「窓辺」 2014/10/17 秋の日特集⑩
「窓辺」。アルバム「ファシネイション」の1作目に作った歌で、ギターとパーカッションだけで録音したデモテープまで覚えています。
No.460 「まっすぐ見つめたい」 2014/10/16 秋の日特集⑨
「まっすぐ見つめたい」(1998)。
ワインのCMソングとして書いた曲。テレビで随分放送されたCMでした。
No.459 「子育て地蔵」 2014/10/15 秋の日特集⑧
「子育て地蔵」。アルバム「この世に生まれれ来たら」。
このアルバムは、結婚後のスタート1作目。初めての子育ての気持ちを描いています
No.458 「風に吹かれていたら」 2014/10/14 加藤登紀子50周年パーティーが今日、ビルボード・ライブTOKYOで開かれます。ここは元防衛庁があったところ。1972年に作ったオリジナル「風に吹かれていたら」を…
1968年10月21日には夫、藤本敏夫が突入を試みて、逮捕された因縁の場所です。
No.457 「こだま」 2014/10/13 秋の日特集⑦
「こだま」。アルバム「長谷川きよしジョイントライブ」(1978)。フォルクローレの中から選んだ名曲。コンサートの終わりにいつも歌ってました。
No.456 「ギターをひこう」 2014/10/12 秋の日特集⑥
「ギターをひこう」。アルバム「赤い風船」(1967)から。
イントロのAmをギターで弾いた初弾き語りの歌。
No.455 「あなた次第」 2014/10/11 エディット・ピアフ没('63)
ピアフが亡くなる前にシャルル・デュモンがジャック・ブレルに詩を書かせた新曲「あなた次第」をピアフに贈ろうとした。春秋座のライブより
No.454 「あこがれの空」 2014/10/10 東京オリンピック開催('64)父は五輪花火の見えるマンションに引越。当時11階は空気が違うと自慢の種。何と無く「あこがれの空」。アルバム「夢の人魚」(1983)
No.453 「行かないで」 2014/10/09 チェ・ゲバラ、ボリビアで処刑される('67)世界にその遺体の写真が報道された衝撃は大きかった。ジャック・ブレルも今日が命日('78)。彼の傑作「行かないで」。
No.452 「Madame」 2014/10/08 エロティシ発売(1989)
エレガントなオリジナル曲「Madame」。自画像ではありません!けどちょっとはあるかしら。
「とびきりのおしゃれが少し乱れてるね」
No.451 「ただ一言彼に伝えたい」 2014/10/07 秋の日特集⑤
「ただ一言彼に伝えたい」。アルバム「この世に生まれて来たら」(1974)。
No.450 「青春のブルース」 2014/10/06 秋の日特集④
「青春のブルース」アルバム「赤い風船」('67)。ギターを弾きながら歌うフランソワーズ・アルディーの大ヒット曲でした。ギターを習う決心をしたきっかけに
No.449 「すれ違う夕暮れ」 2014/10/05 秋の日特集③
「すれ違う夕暮れ」。アルバム「回帰船」(1976)。
二番目の娘Yaeが生まれた翌年、子育てしながら歌作りをした日々の思い出が溢れています。
No.448 「夜の通行人に捧ぐ」 2014/10/04 秋の日特集② イブ・ディティユのシャンソン「夜の通行人に捧ぐ」。
アルバム「シャントゥーズⅡ」(2007)。彼のデビューヒット作で代表曲。大好きな歌です。
No.447 「ZuttoZutto」 2014/10/03 東西ドイツ統一('90)南アフリカ録音盤「TOKIKO SKY」から「ZuttoZutto」
「ずっとずっと待ってた二人だけの夜を‥」南ア解放後のイメージで書いた歌
No.446 「ソリテゥード(孤愁)」 2014/10/02 秋の日特集①「ソリテゥード(孤愁)」。アルバム「ファシネイション」(1991) から。「夜明けが来るのをどうしてもまてなくて、、、」
No.445 「嗚呼玉杯に」 2014/10/01 日本寮歌集発売(1972)。やっぱり代表格の一曲を!一高東大の寮歌「嗚呼玉杯に」。なんだか軍歌のようで切ないですね。この精神が大陸侵略に繋がらないで欲しかった!
No.444 「パーマ屋ゆんた」 2014/09/30 ジェームス・ディーンがポルシェに乗って衝突、即死('55)24歳。その頃、私12歳。沖縄にいる私の初孫が今、12歳。BEGINの歌のカバー「パーマ屋ゆんた」
アルバム「命結-ぬちゆい」(2011) 。
No.443 「マンダリーナ」 2014/09/29 誕生花 りんご花言葉 名声。私のオリジナル曲「マンダリーナ」。アルバム「最後のダンスパーティー」('84)。マンダリンはリンゴのライバル、オレンジの仲間だけど
No.442 「TOKIKO」 2014/09/28 ボンペイ離陸直後の日航機を日本赤軍がハイジャック。ダッカ空港へ強制着陸、服役中の9人の釈放を要求。('77)この年のアルバム「さびた車輪」から「TOKIKO」を
政府は超法規的措置で釈放、人質と交換。
No.441 「討匪行」 2014/09/27 日独伊三国同盟調印 (1940)。世界が戦争の時代に突入。アルバム「日本哀歌集」から「討匪行」(1971)。
No.440 「ファシネイション」 2014/09/26 ファシネイション発売(1991)。 このアルバムからタイトル曲「ファシネイション」。湾岸戦争の始まったせつない年。何となく中東の風を感じながら作曲。
No.439 「ない・もの・ねだり」 2014/09/25 シングル「ない・もの・ねだり」発売('84)タンゴのリズムの迫力のある曲、テレビのCMで流れ、ヒットするはずだったのに何かの都合ですぐにCM放映が中止になった!
やっぱり「ないものねだり」だったのね。笑
No.438 「ロマンス」 2014/09/24 ジュリエット・グレコ来日コンサート、今夜すみだトリフォニーで。彼女は現在87歳その偉大さに脱帽です。デビューの頃グレコの歌ったこの歌をカバー。「ロマンス」
アルバム「美しき五月のパリ」(1971)
No.437 「銀座のすずめ」 2014/09/23 秋分の日。季節の変化を楽しんでください!アルバム「日本哀歌集」から「銀座のすずめ」(1971)。
「春から夏、夏から秋、木枯らしだって知っている…」
No.436 「ゴリラの夫婦」 2014/09/22 「夫婦の日」に因んで「ゴリラの夫婦」。1973年、歌手復帰のライブで歌ったオリジナル曲。
アルバム「草月会館ホール」のライブ盤で。
No.435 「哀しみのダンス」 2014/09/21 レナードコーエン誕生日('34)彼のヒット作に私の日本語訳で「哀しみのダンス」。ギリシャの島にある別荘でしこたま「ウゾ」と言う強い酒を飲みこの歌を作ったそうです。
No.434 「港町」 2014/09/20 マゼラン、最初の世界就航に成功(1522)。船の旅に思いを馳せて「港町」。アルバム「長谷川きよしジョイントコンサート、ライブ」より(1978)。
No.433 「満州里小唄」 2014/09/19 初の臨時ニュースが、満州事変の第一報(1931)。アルバム「日本哀歌集」より、「満州里小唄」。森繁さんの持ち歌だった。
No.432 「絆 kizuna」 2014/09/18 全日本学生自治会連合結成('48)ゴスペラーズの村上てつやさんが贈ってくれた曲「絆 kizuna」(2004)アルバム「今があしたと出会う時」夫の死を悼んで歌った。
No.431 「波も風も砂も」 2014/09/17 西日本に枕崎台風、死者行方不明者2400人余り('45)戦争が終わったばかり、追い打ちをかけられた歴史を悼んで「波も風も砂も」。67年「ギターをひこう」の初期の歌。
No.430 「恋の鳥」 2014/09/16 竹久夢二の誕生日(1884)。芝居じかけの音楽会「カルメンカルメン」から「恋の鳥」。大正ロマンの時代、島村抱月、中山晋平が描いた和製「カルメン」の世界。
No.429 「孤独の扉」 2014/09/15 日独共同声明('43)1月、ルーズベルトとチャーチルが会談、日独伊に無条件降伏要求を決めた。日本は学徒動員始めた年。世界から孤立して行った1943年「孤独の扉」。
ドイツは2月スターリングラードでソ連に敗退。
No.428 「この道」 2014/09/14 課外授業で母校、京都市立上賀茂小学校訪問。この時みんなで創った歌「青い青い地球」音源があればいいのにね。でも無いから、懐かしい歌「この道」を。
1981年のハルビンライブのアンコールで歌った。ハルビンライブより。
No.427 「風の舟唄」 2014/09/13 山田洋次誕生日(1931) 「家族」という映画の挿入歌として作詞した「風の舟唄」(1972)作曲は映画音楽の巨匠佐藤勝さん。山田洋次さんとは同じ大陸との縁を感じる。
No.426 「対一高端艇競漕凱歌」 2014/09/12 ハドソン、ハドソン川を発見(1609)「対一高端艇競漕凱歌」日本寮歌集('72)。この歌はニ高、今の東北大学の寮歌です。因みに私、一高の方のボート部員でした!
No.425 「アマンダの思い出」 2014/09/11 もうひとつの9・11。チリでピノチェトによる軍事クーデターでアジェンデ政権が倒された日('73)。このクーデターで殺されたビクトル.・ハラの「アマンダの思い出」。
アルバム「さびた車輪」('77)
No.424 「踊れ時を忘れて」 2014/09/10 アルバム「悲しみの集い」発売(1979)。
このアルバムからいろんなライブで活躍した「踊れ時を忘れて」。レコーディングの楽しさ、今も覚えています。
No.423 「子連れ狼」 2014/09/09 生活保護法公布('36)1936年、2・26事件があった年。日本全権大使がロンドン海軍軍縮会議から脱退し一気に日本が軍国化。選んだのは「子連れ狼」(2004年にRec)
テレビで最後の放映になるので、と依頼されてカバーレコーディング。
No.422 「キセキ」 2014/09/08 サンフランシスコ平和条約調印記念日。吉田茂全権大使が対日講和条約と日米安保条約に調印('51)「明日今日より素直になれる…」希望を託した「キセキ」greenのカバー。
No.421 「愛するペルーサ」 2014/09/07 今夜から24節気の一つ「白露」。大気が冷えて露が出来始める、だそうです。暦だけはせっせと秋の準備をしてるってことで、フォルクローレの中から涼しげな歌「愛するペルーサ」。
アルバム「長谷川きよしジョイントライブ」(1978)より。
No.420 「ロンド-輪舞」 2014/09/06 マゼラン隊が世界一周航海によって、地球が球形であることを実証。「人生はロンド、回る回る…」と歌ってる「ロンド-輪舞」。アルバム「シャントゥーズⅡ」(2007)。
No.419 「ラ・メディナ」 2014/09/05 ミュンヘンオリンピックの選手村でイスラエル選手がパレスチナゲリラによって殺害された(1972)。「黒い九月」。アルバム「シパンゴ」(1991)から「ラ・メディナ」。
「ラ・メディナ」。アラブの町の迷路のような回廊を歌っています。
今年もまたこの戦いが激化。辛いですね。
No.418 「昭和ブルース」 2014/09/04 上野動物園で空襲に備え動物を薬殺。慰霊祭が行われた('43)「昭和ブルース」を聞いてください!60年代こんな歌が流行った!驚き!アルバム「ひとり寝の子守唄」でカバー。
No.417 「叱られて」 2014/09/03 ジェーン台風襲来、近畿四国に被害多し。6歳の私は小学校一年生。京都上賀茂で経験。ぼんやりしてた私はよく叱られてました!ので「叱られて」アルバム「赤い靴」。
No.416 「Single Life」 2014/09/02 靴の日。靴店ダイアナが制定したそうです(笑)「TOKIKO-愛さずにはいられない」の「Single Life」「女ひとりで生きていたくて 靴音響かせ夜道を歩く…」
No.415 「愛さずにはいられない」 2014/09/01 アルバム「TOKIKOー愛さずにはいられない」(1988ソニー移籍第一弾)。タイトル曲「愛さずにはいられない」。ドラマのテーマになった。
No.414 「約束」 2014/08/31 誕生花 しろつめ草。花言葉 約束。アルバム「モンスーン」(1996)から「約束」。出稼ぎに行く人を送り出すようなシーンです。
No.413 「肌に残された愛」 2014/08/30 クレオパトラ没(BC30)。フランスレコーディング版「シパンゴ」(1991)の一曲。「肌に残された愛」(1983)。クレオパトラ的な匂いが立ち込めます。
書き下ろしのシャンソン、色っぽいのよ。
No.412 「私は一人片隅で」 2014/08/29 宝塚歌劇「ベルサイユのばら」初演(1974)。パリの匂いをアズナブールのシャンソンで。「私は一人片隅で」、アルバム「シャントゥーズ2」(2007)。
No.411 「少年は街を出る」 2014/08/28 ワシントン大行進('63)キング牧師の演説「I have a Dream」が有名。私の歌でちょっとマーチっぽい曲「少年は街を出る」('71)
ヨハネスブルグでコンサートWSSDに参加した日でもあります。
No.410 「星めぐりの歌」 2014/08/27 宮沢賢治の誕生日(1896)。ドラマ「あまちゃん」で時々流れた「星めぐりの歌」。とき (登紀 !笑)別サービスで歌っちゃおう!
No.409 「酔いどれ女の流れ唄」 2014/08/26 地ビール容認へ(1993)。みなみ・らんぼうさんの歌をカバー。「酔いどれ女の流れ唄」(1975)。カラオケでは早くから定番になりました。
No.408 「花はどこへ行った」 2014/08/25 パリ解放。4年間にわたるドイツの占領に終止符('44)マレーネ・デートリヒとしての「花はどこへ行った」5/24の京都春秋座のライブ映像。私の訳詞がやっと出来ました 。
No.407 「さよならを捨てないで」 2014/08/24 誕生花キンセンカ。花言葉は別れの悲しみ。オリジナルラブソング「さよならを捨てないで」。「さよならはあなたへの最後の贈り物なの…」いじらしい乙女の恋心です。
No.406 「また恋しちやったの」 2014/08/23 第一次世界大戦で日本はドイツに宣戦布告(’14)マレーネはそれまでのドイツは素晴らしかったと言っている。マレーネ・デートリヒの「また恋しちやったの」京都春秋座のライブ。
No.405 「グッバイダンス」 2014/08/22 父の通夜('92)、日比谷野音のコンサート。朝、永六輔さんのラジオ出演。通夜に歌えるなんて歌手として最高だねと言われ心がシャンとした。幕開けは「グッバイダンス」。
No.404 「Dance For Tonight」 2014/08/21 上野公園に日本初の噴水ができる。夏の夕暮にふさわしく私のオリジナル・ダンスソング「Dance For Tonight」。アルバム「晴れ上がる空のように」('96)
No.403 「されどわが心」 2014/08/20 父、幸四郎死去(1910-1992)。京都の自宅前の堀川に転落しての残念な事故死でした。享年82歳。彼の死を追悼して作った歌「されどわが心」(1994)。
レコーディングは1998年、アルバム「Tokiko-Ballad1」
No.402 「私が何を望んでもいいとしたら」 2014/08/19 ドイツの飛行船ツェッペリン号霞ヶ浦に着陸('29)アルバム「愛はすべてを赦す」('82)の中の最も暗い曲。「私が何を望んでもいいとしたら」。映画「愛の嵐」の挿入歌。
「愛はすべてを赦す」ドイツ、ポーランドのこの時代の歌を集めたアルバム。
No.401 「童神~天の子守唄~」 2014/08/18 2011年のこの日、孫二人を連れて東京から那覇へ夏休み。アルバム「沖縄情歌」の中から「童神」。古謝美佐子さんの傑作。
No.400 「紅萌ゆる」 2014/08/17 仁和寺が出来た日だそうです(888)’96年のこの日仁和寺の山門前で野外コンサート。その時は寺が出来た日だとは知らなかった!京都にゆかりの三高の寮歌「紅萌ゆる」。
No.399 「恋に火をつけて」 2014/08/16 京都の五山送り火。イメージは違うけど「恋に火をつけて」でいかがです?滅多に歌う機会のないラブソングだけどね。アルバム「エスニック・ダンス」(1986) 。
プロデューサーのマーク・ゴールデンバーグが作曲。
No.398 「ふいふい鳥」 2014/08/15 今夜大阪の釜ヶ崎夏祭り最終日。31年前にも歌った三角公園でライブやります。 西の釜ヶ崎、東の山谷。山谷のドヤに住んでいた人の詩に若い学生が作曲した「ふいふい鳥」。
アルバム「Rising」の一曲(1982)。
No.397 「セックスの魔力についてのバラード」 2014/08/14 ベルトルト・ブレヒト没(1956) 代表作「三文オペラ」から「セックスの魔力についてのバラード」坂本龍一さんアレンジ、全演奏で作った「愛はすべてを赦す」の一曲。
No.396 「灯台守」 2014/08/13 城ヶ島灯台に初点灯(1870)。「灯台守」。この歌はイギリス民謡の日本語訳。日本の童謡ではありません。でもアルバム「赤い靴」に収録。(1974)。
No.395 「鈴蘭物語」 2014/08/12 淡谷のり子さん誕生日(1907)彼女が戦前に歌っていた歌からカバー「鈴蘭物語」。作曲は服部良一さん。彼女は学校を出たばかりなのでソプラノでこの曲を歌っています。
その後声を低くして歌った「別れのブルース」でヒット!
No.394 「酒は大関」 2014/08/11 小林亜星さん誕生日('32) ご存知の方は少ないかも知れませんが「酒は大関」の作詞作曲。CMでは1番だけだけど5番まであります。5番を一緒に歌っているのは田宮二郎さん。
No.393 「蒙古放浪の歌」 2014/08/10 モンゴル訪問(2001)。アルバム「日本哀歌集」の「蒙古放浪の歌」('71)。この歌を好きなおじさん多いですよ。強いリクエストで歌った思い出がいっぱいあります。
No.392 「おっ!祭り」 2014/08/09 今日は千葉県鴨川市大山地区の祭「お!祭り」大山不動尊の急な石段を神輿担いで駆け上るのがすごい。最近は神輿の担ぎ手が減って、ビジター担ぎ手大歓迎。どんな顔が揃うやら…
No.391 「アレイ・アレイ ・オクスン・フリー」 2014/08/08 八十八と読み、米と解く。アメリカの曲で行こうか。「アレイ・アレイ ・オクスン・フリー」。ロッド・マッケンのカバー。アルバム「色即是空」(1972)。
No.390 「花かげ」 2014/08/07 Hanaと読み童謡の「花かげ」を。「十五夜お月さまひとりぼち 桜吹雪の花かげに」聞けばよく知っている童謡だけどタイトルを忘れていました。アルバム「赤い靴」('74)
No.389 「一天の星」 2014/08/06 広島原爆投下の日。そして、太陽熱発電の日なんです。「一天の星」(2004)で思いを寄せたいと思います。今日は池袋文芸座で、新藤兼人平和映画祭に出席します。
No.388 「淋しいアコーディオン」 2014/08/05 誕生花エリカ。花言葉は孤独。中学生の頃可愛がってくれたロシア人のエリカを思い出す。スンガリー新橋店でウェイトレスをしていた。ロシア民謡の「淋しいアコーディオン」。
アルバム「ロシア のすたるじい」('71)
No.387 「恋はせつなく」 2014/08/04 石井好子さんの誕生日('22)好子さんと大の仲良しだったエミールステルンの曲「恋はせつなく」。初期の頃、歌っていたシャンソン。何度も来日、彼のピアノでよく歌った。
アルバム「赤い風船」(1967) 。
No.386 「むくげの花」 2014/08/03 大原麗子没(2009)映画「居酒屋兆治」で共演。彼女の役、さよさんの最期と似た寂しい晩年を知りショックでした。撮影中さよさんのイメージで作った「むくげの花」を贈ります。
No.385 「くちづけ」 2014/08/02 ハニーと読み、蜜の味と解く。私にしては甘いラブソング「くちづけ」。アルバム「ファシネイション」(1991)。因みに今日の誕生花は矢車草。花言葉は「幸福」。
No.384 「けしの花」 2014/08/01 誕生花 赤い芥子の花。花言葉は慰め。アルバム「愛する人へ」に収録の「けしの花」('78)。センチメンタル・シティ・ロマンスの告井さんのペダル・スチールの名演奏。
No.383 「夜の静けさの中で」 2014/07/31 長谷川きよし誕生日('49)。彼の為に作詞作曲した「夜の静けさの中で」デュエットで。ジョイントコンサートのライブから('78)。夫、藤本敏夫の命日でもあります。
No.382 「輝く三つの星」 2014/07/30 誕生花 菩提樹、花言葉 夫婦愛。ドイツ映画「HEIMAT-故郷」('38)から「輝く三つの星」遠い故郷を思い菩提樹が歌われている。「愛はすべてを赦す」('82)。
No.381 「そして今は」 2014/07/29 誕生花サボテン、花言葉 燃える心。ゴッホがピストル自殺を図り2日後のこの日死去(1890)ジルベール・ベコーの「そして今は」「美しき五月のパリ」('71)でカバー。
No.380 「夜空ノムコウ」 2014/07/28 スガシカオ誕生日。「夜空ノムコウ」とても好きで「TOKIKO SONGS」(2008)でカバー。「あれから僕たちは何かを信じてこれたかな」の歌詞にはグッときますね。
No.379 「忘れ去られた人々」 2014/07/27 朝鮮戦争休戦協定調印(1953)。戦争は終わったが、南北に国が分かれてしまう悲劇を残した。韓国の映画「JSA」へのキャンペーンのために歌った「忘れ去られた人々」。
No.378 「ディーマ」 2014/07/26 誕生花 ニガヨモギ、花言葉 平和。チェルノブイリはニガヨモギの意味だそうだ。放射線を浴びて急死した少年を歌った「ディーマ」。「トキコ・クライ」に収録('98) 。
旧約聖書の中に空から降ってきた毒で人が住めなくなりニガヨモギが繁茂する、という記述がある。
No.377 「陽気なブルース」 2014/07/25 '72年の今日、日比谷野音で結婚による歌手休業「さよならコンサート」すべてが記憶に鮮明だ。ギターで歌った「陽気なブルース」5か月の子供がお腹にいるライブならではの曲。
No.376 「ある画家の物語」 2014/07/24 芥川龍之介命日(1892-1927)フランスでレコーディングしたアルバム「シパンゴ」(’91)の中の「ある画家の物語」海を描きたくて海辺に住んだ画家の話。
自分の絵が到底海の美しさに叶わないことを悟り海に身を投げ命を海の美しさに捧げた。
No.375 「夜のバラ」 2014/07/23 誕生花はバラ。花言葉は暖かい心。イスラエルの歌で「夜のバラ」。1972年中東の旅の後に作ったアルバム「色即是空」に収録。
No.374 「夢幻」 2014/07/22 浜口庫之助誕生日(1917)。彼の代表作「みんな夢の中」に因んで、私のオリジナル「夢幻」。アルバム「デラシネ」の一曲(1984)。
No.373 「海の子守唄ーふぁむれうた」 2014/07/21 海の日。アルバム「沖縄情歌」(2003)から、「海の子守唄ーふぁむれうた」。小浜島出身の新良幸人の曲。間奏の胡弓の演奏は告井延隆、名演奏です。 (2003)
No.372 「イラヨイ月夜浜」 2014/07/20 アポロ11号、月面に軟着陸(1969)。沖縄の八重山の民謡の歌者の若手の一人、大島保克の傑作「イラヨイ月夜浜」。アルバム「モンスーン」でカバー(1993)。
No.371 「黒い瞳の」 2014/07/19 モスクワ五輪開催。ソ連のアフガニスタン侵攻に伴い日、米、中国がボイコット('80)オリンピックが外交の札に使われるのは悲しい。美しいロシアの歌「黒い瞳の」
アルバム「ロシアのすたるじい」の一曲。
No.370 「Crazy Love」 2014/07/18 マンデラ誕生日('18)南アフリカで録音の「Tokiko Sky」(2000)からアフリカのレゲエシンガー、アレクシス・ファクとのデュエット「Crazy Love」。
No.369 「俺の人生」 2014/07/17 石原裕次郎命日('87)52歳。なかにし礼さんの歌詞に私が曲をつけた「俺の人生」「我が人生に悔いなし」のB面でした。晩年の裕次郎さんの自画像に迫る凄い歌です。
私のレコーディングはアルバム「男情歌」(2010)
No.368 「広島 愛の川」 2014/07/16 アメリカによる原爆実験初成功の日('45)ここから核武装時代の始まり。人類にとっての運命の日。シングル「広島 愛の川」のカップリング「広島 愛の川-語りバージョン」。
「広島 愛の川-語りバージョン」中沢啓治さんの「はだしのゲン」の言葉で、この日から原爆投下までの詳細を語っています。
No.367 「夢の人魚」 2014/07/15 宝塚唱歌隊設立(1913)。坂本龍一さんと作ったアルバム「夢の人魚」から「夢の人魚」(1983)。大正ロマンの匂いが溢れています。
No.366 「サ・イラ」 2014/07/14 登紀子50周年500曲マラソンを1年前にスタートさせた日。この日はフランス革命の始まった日でパリ祭。今年京都の春秋座で歌ったピアフの革命歌「サ・イラ」を…
第2回日本アマチュアシャンソンコンクールの優勝者としての初舞台の日でもあります。
No.365 「難破船」 2014/07/13 中森明菜の誕生日(1965)彼女が22歳になった1987年に贈った歌「難破船」。 私のレコーディングはアルバム「最後のダンスパーティー」(1984)私が40歳の時。
今日で登紀子500曲マラソン365日目。明日2年目に突入です。
No.364 「愛を耕すものたちよ」 2014/07/12 今日、オーチャードホールコンサート。コンサートタイトル「愛を耕すものたちよ」を作詞作曲。今夜の締めで歌います。CDは会場限定で今日発売。トキコプランニング、ネット配信でも発売。
No.363 「狂った季節」 2014/07/11 第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川海岸で開催(1966)。私のオリジナル、夏真っ盛りの歌「狂った季節」。歌ってるのは夜のシーンだけどサーフィンの気分でしょ?
アルバム最後のダンスパーティ (1984)
No.362 「けだるいワルツ」 2014/07/10 誕生花、ふうりん草 。花言葉、感謝。風鈴の代わりに風車が出てくる歌「けだるいワルツ」。1972年7月25日の結婚休業の「さよならコンサート」で発表。
アルバム「この世に生まれてきたら」('74) 。
No.361 「風のうた」 2014/07/09 江戸に夏雪。驚いた江戸町民は本郷に神社を建て富士山の神を祭り6月1日を例祭に(1615)。時の流れの不思議さを歌った「風のうた」。アルバム「風のまにまに」(1986)。
No.360 「神隠しされた街」 2014/07/08 南相馬でNHK番組収録(2012)相馬野馬追復活がテーマ。南相馬に住む詩人、若松丈太郎さんがチェルノブイリ事故その後を見に行って創られた詩に曲をつけた「神隠しされた街」。福島支援のためにつくったアルバム「ふくしまうた語り」に収録。
No.359 「揺藍曲」 2014/07/07 盧溝橋事件。日中戦争の発端になった(1937)。アルバム「モンスーン」に二胡奏者、揚興新と中国の子守唄「揺藍曲」をレコーディング(1993)。
この日を両国の平和を願う日にと、揚興新が開催した七夕コンサートには何回も出演。
No.358 「悲しみよ河になれ」 2014/07/06 誕生花ひまわり、花言葉、愛慕。生まれ故郷のハルビンを35年ぶり(81)に訪ねた時昔住んでいた家を訪ねた。故郷を思う気持ちを込めて作った「悲しみよ河になれ」(81)。
その庭に咲いていたひまわりが忘れられない。
No.357 「私の神様」 2014/07/05 ジャン・コクトー誕生日(1889)ピアフが亡くなった約4時間後に急死というエピソードが二人の強い思いを語る。今年の5月「ピアフの生きた時代」ライブで初めて収録「私の神様」。
私のの日本語訳で。
No.356 「リベルタンゴ」 2014/07/04 アメリカの独立記念日で、 アストール・ピアソラの命日(92) 彼の傑作「リベルタンゴ」に私の歌詞をつけて歌っています。「Tokiko Dance」に収録(98)。
No.355 「雑踏」 2014/07/03 カフカの誕生日(1883)。チェコのプラハには彼の家が今もある。1995年プラハでコンサートをした時、オープニング曲だった「雑踏」。
ピアフが歌って世界的なヒットになったが、もともとはケルトの歌だったらしい。
No.354 「サラベイ」 2014/07/02 東大全共闘結成。安田講堂バリケード封鎖(68)。翌年の1月19日に機動隊の突入で封鎖解除されるまで続く。この頃の突き詰めた気持ちに何故か重なるロシアの歌「サラベイ」。
戦後の孤児たちが歌ったとされている。
No.353 「カルメン・カルメン」 2014/07/01 芝居じかけの音楽会Vol.3「カルメンカルメン」のライブ盤発売(1986)。佐藤信作詞・加藤登紀子作曲の書下ろしテーマ曲「カルメン・カルメン」。
相手役には斎藤晴彦さん、ホセとエスカミリオの両方を演じた。
No.352 「あじさい色の雨」 2014/06/30 ビートルズ初来日、武道館コンサート(66)私は新人歌手として招待席で見た。新人賞を頂いた「赤い風船」発売前。デビュー曲「誰も誰も知らない」の B面「あじさい色の雨」。
先の見えない悩ましい新人時代。
No.351 「風」 2014/06/29 新宿西口地下広場で7000人を集めた反戦フォーク集会で64人が逮捕される(69)。私のパートナー藤本敏夫が学生運動を離脱するまでの混乱の頃。彼の好きだった「風」。
アルバム「ひとり寝の子守唄」から。
No.350 「アコールディオン弾き」 2014/06/28 第一次世界大戦勃発(1914)この戦争の最中の1915年に生まれたピアフを私自身の訳詞で歌っています。39年ドイツ占領下兵士がピアフに持ってきた「アコールディオン弾き」。
兵士は戦争へ行くその日でした。京都春秋座の5/24のライブから。
No.349 「つばさー翼ー」 2014/06/27 松本市で猛毒ガス事件(94)7人死亡。河野さんの奥さんが意識不明のままに。長い年月奥さん(2008年8月5日に亡くなる)を見守られた河野さんに贈ります。「つばさー翼ー」
このガスが化学兵器に使われる神経ガス「サリン」であることが判明(7/3)。
No.348 「つむじ風」 2014/06/26 雷記念日!平城京の清涼殿に落雷(930)それが由来?のようです。私の歌に雷の歌はないけど竜巻ならってことで「つむじ風」アルバム「Tokiko Dance」(98)。
No.347 「広島 愛の川」 2014/06/25 「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さんが残された歌詞に山本さんが曲をつけ私が歌った「広島 愛の川」本日発売。彼の遺言と思って大切に歌って行きます。ぜひ聞いて下さい。
カップリングには「広島 愛の川-語りバージョン」も入っています。原爆の初実験から広島投下までの記録です。
No.346 「さくらの唄」 2014/06/24 美空ひばり命日(1989)「さくらの唄」2011年のほろ酔いコンサートでゲストに出て下さった、なかにし礼さんの作詞。暗い歌なのに心が温もるような気がして歌ったのです 。
No.345 「川は流れる」 2014/06/23 筑紫哲也誕生日(1935-2008) News23のエンディングテーマとして作詞作曲した「川は流れる」(1993)。アルバム「春待草」で再録(2000)。
筑紫さんとは公私ともにいい時間をたくさん共にしました。心から感謝です!
No.344 「島唄」 2014/06/22 沖縄終戦。一般的には23日と言われているが22日が正しいという(太田昌秀琉球大学名誉教授の研究により実証された)「島唄」をレコーディングした93年沖縄終戦の式に参加。
宮沢和史のこの歌詞に「千代に八千代に」の日本国歌が読み込まれているのが象徴的。
No.343 「人・生・不・思・議」 2014/06/21 ハイジャックに巻き込まれる(1995)。羽田発函館行きの便がハイジャックされ、16時間機内に閉じ込められて明け方解放された。この頃リリースした「人・生・不・思・議」。
犯人は元銀行員。何が彼の人生を狂わせたのでしょうか?
No.342 「からたち野道」 2014/06/20 牛肉オレンジ輸入自由化交渉妥結(88)。これで日本のみかん、レモンは大打撃。ふと宮沢和史作詞作曲の「からたち野道」の風景と重なりました。アルバム「花筐」(2002)。
千葉県鴨川の大量のみかん山が放置される結果に。
No.341 「千夜一夜の唄」 2014/06/19 飛行船ツェッペリン処女飛行(1910)私の1回目の芝居じかけの音楽会「ツェッペリンの見た夜」から「千夜一夜の唄」アルバム「夢の人魚」(83)坂田明さんとのデュエット。
1920年頃のベルリン、東京、ブエノスアイレスアイレスを舞台にした音楽劇。
No.340 「雨上がり」 2014/06/18 雨シリーズその3。私の作詞作曲「雨上がり」アルバム「回帰船」(76)。二人目の娘が生まれた後で自分自身の歴史が消えて行きそうな不安を断ち切るために作った歌の一つ。
No.339 「雨はいつか」 2014/06/17 雨シリーズその2「雨はいつか」告井延隆作詞作曲。アルバム「愛する人へ」(78)。センチメンタル・シティ・ロマンス のヒット作。この頃コンサートのアンコール曲でした。
No.338 「雨のシャンソン」 2014/06/16 雨のシーズンなので雨シリーズ。私の作詞作曲「雨のシャンソン」(88)アルバム「TOKIKO」ピアノとストリングスと歌を同時録音した素晴らしい瞬間を今も覚えています。
No.337 「モンスーン」 2014/06/15 安保闘争で樺美智子さん殺される。この日は雨、私もデモの中にいた。アジアの革命や政変とこの季節の嵐をテーマに書いた「モンスーン」。アルバム「モンスーン」(1993) 。
今年の7/12オーチャードホールのコンサートで歌います。
No.336 「ゲバラ・アーミオ」 2014/06/14 チェ・ゲバラの誕生日。1972年日比谷野音で結婚のための「さよならコンサート」で歌った「ゲバラ・アーミオ」。この日7/25はキューバ革命記念日前夜だった。
No.335 「私のヴァンサンカン」 2014/06/13 太宰治亡くなる(1909-1948)遺体は誕生日の6/19に見つかる。その日が桜桃忌に。25周年の時にその20代の歯痒さや寂しさを歌ったのが「私のヴァンサンカン」。
20代に最も影響を受けた人。
No.334 「Jacaranda」 2014/06/12 LAでレコーディング「Tokiko-Journey」(99)アメリカにまつわる歌を集めた。この時期ジャカランダの花盛りだったので曲を作った「Jacaranda」。
珍しく軽いポップス。可愛い歌です。
No.333 「HERO」 2014/06/11 初めてデモに行った日(1960)高校2年16歳の梅雨の晴れ間。青山通りを完全にデモ隊が占拠。私のオリジナル「HERO」ミニアルバム「1968」の一曲。
ビルの上からもデモ隊にエールを送る人達が手を振っていた。自立した若者意識に燃えた頃。
No.332 「漂白の海へ」 2014/06/10 バスコ・ダ・ガマ、インド航路開拓のためにリスボン出港(1497)
シングル「愛さずにはいられない」のB面「漂白の海へ」(1988)
プラトンが言っています「人間には三つの姿がある。生きている姿、死んでいる姿、そして海の向こうに出て行く姿。」
No.331 「我が麗しの恋物語」 2014/06/09 バルバラの誕生日(1930-1997)。
歌に生きたバルバラ自身の集大成のような歌、「我が麗しの恋物語」。アルバム「シャントゥーズⅡ」に収録。
No.330 「朝日の中で」 2014/06/08 誕生花ジャスミン。花言葉は「愛らしさ」。
爽やかな朝の風景の中のオリジナル・ラブソング「朝日の中で」(1977)。アルバム「さびた車輪」。
No.329 「バリデロ」 2014/06/07 ゴーギャンの誕生日(1848)。
フランスで4月革命が起こった年。なんとなくオリジナル曲「バリデロ」。アルバム「最後のダンスパーティー」(1984)。
No.328 「さくらんぼの季節」 2014/06/06 さくらんぼの日と決めて去年から山形でシベール劇場で「さくらんぼコンサート」。今年は新しい歌「さくらんぼの季節」が出来ました。園芸王国山形応援ソング。会場でCD発売。
6/7は寒河江市でもコンサート
No.327 「デラシネ」 2014/06/05 デラシネ発売(1984)。坂本龍一アレンジによるトキコ・オリジナル。ロバートケネディーが暗殺された日(1968)。「デラシネ」とは国籍のない根無し草のこと。
この歌にはそんな脱国家的な人達の集まる幻の国が描かれています。
No.326 「自由の合唱」 2014/06/04 天安門広場で学生暴動(89)。60年日本では反安保闘争で全国ゼネスト560万人参加。ビゼーのオペラ「カルメン」の中に「自由の合唱」「カルメンカルメン」ライブ録音から。
私の日本語で芝居じかけの音楽会「カルメンカルメン」ライブ録音。
No.325 「Can't stop running」 2014/06/03 雲仙普賢岳で火砕流発生。死者、行方不明者34人(1991)直接の関係はないけど「走るのを止められない」の意味で。オリジナル曲「Can't stop running」。
アルバム「今があしたと出逢う時」の一曲(2004)
No.324 「カサブランカ・ムーン」 2014/06/02 アメリカの無人探査機が月面軟着陸(1966)
「カサブランカ・ムーン」謎めいた月の力を持った男の暗号名。こんな男が暗躍する時代いつまで続くの?
No.323 「七色の罪」 2014/06/01 20周年スペシャル・シングル「七色の罪」発売(85)「桃色吐息」の作曲家、佐藤隆作曲、初めてのコラボレーション。この年日比谷野音のコンサートにゲスト出演。大雨でした!
No.322 「オペラの終幕」 2014/05/31 ロンドン・オペラハウスに三浦環日本人として初出演。オリジナル曲「オペラの終幕」ロックなラブソング。歌う機会はあまりないけど好きな歌「ファシネイション」(91)の一曲
No.321 「時をつなぐ大地」 2014/05/30 礼文島でロケ(2001)。
ロケ中に作詞作曲、利尻、礼文のドキュメント番組のテーマとして仕上げた「時をつなぐ大地」。
No.320 「愛燦燦」 2014/05/29 美空ひばり誕生日 (1937-1989)彼女の歌は幾つか歌っていますが島健さんのアレンジで「素晴らしきこの世界」と重ねた「愛燦燦」は秀逸でした。
アルバム「Tokiko Songs-うたが街に流れていた」の一曲。
No.319 「涙そうそう」 2014/05/28 沖縄情歌発売 (2003)一年前に他界した夫への鎮魂も込めて大好きだった沖縄の歌を集めたアルバムとしてリリース。その中から「涙そうそう」。
森山良子さんが遠い日に亡くなったお兄さんへの想いを綴った歌。BEGINの作曲。
No.318 「賭けに負けた男たち」 2014/05/27 韓国で光州事件起こる(1980)素晴らしい民衆の結束に世界が興奮。結果は敗北だったが歴史に残る民主化運動。私の歌ったギリシャの歌「賭けに負けた男たち」
アルバム「ETHNIC DANCE」より。
No.317 「ユダヤの友へ」 2014/05/26 誕生花 オリーブ。花言葉は平和。1981年に「今、パレスチナに愛をこめて」と題するコンサートで歌った「ユダヤの友へ」作者はファラジ・アルアスマール。
ユダヤ人もパレスチナ人も共に平和に暮らしていた頃の親友に、故郷を奪われて行く苦しみを訴えた歌。
No.316 「命結-ぬちゆい」 2014/05/25 飯舘村コンサート(2011)
30キロ圏外なのに放射線量が高く計画避難地域に指定。5月末までに全村避難が決まる。リハーサル中に詩を仕上げ歌った「命結-ぬちゆい」
避難期日一週間前のコンサートでした。
No.315 「それでもなお」 2014/05/24 京都造形大学キャンパス内の劇場「春秋座」で「ピアフの生きた時代」を語り歌うモノオペラで歌いました。今夜初披露の歌、ピアフの未発表曲「それでもなお」
マレーネ・デートリヒとエディット・ピアフの歌の全訳詞を加藤登紀子で歌っています。
No.314 「傷心」 2014/05/23 ムスタキ命日(2013)72年パリのボビノ座で彼のコンサートを聞き73年初来日で出会う。ギリシャ風の曲「傷心」を日本語にして最初に歌ったのが72年の日比谷野音。
ギリシャで反政府の人たちが大量逮捕された日のことを歌っているのだそうです。
No.313 「帰り来ぬ青春」 2014/05/22 シャルルアズナブール誕生日。父はグルジア人、母はアルメニア人。たくさん歌っている彼の歌の中から青春の苦さを歌った「帰り来ぬ青春」アルバム「シャントゥーズTokiko」。
No.312 「フラメンコ・ゴスペル」 2014/05/21 TokikoDance発売(98)「さよなら私の愛した20世紀たち3」その中から「フラメンコ・ゴスペル」舞台の出し物として私の日本語で作りこのアルバムでやっと収録。
No.311 「人はいつしか年老いて」 2014/05/20 米国が初の水爆投下実験(レッドウイング作戦'1956)ビキニ水爆実験で第五福竜丸が被曝(1954.3.1)した衝撃から2年の暴挙。「人はいつしか年老いて」
ビキニの住民はロンゲリック環礁に避難更にキリ島に移住させられた。
No.310 「さよなら原発」 2014/05/19 科学技術庁が開庁(1956)
初代長官は正力松太郎。彼は原子力委員会の初代委員長でもある。原発導入への道をつけるために科学技術庁として置かれた。「さよなら原発」
「さよなら原発」(フジロックのアトミックカフェで作詞作曲2012)
No.309 「恋に狂った男」 2014/05/18 UNEP親善大使としてキルギスタン訪問(2003)天山山脈北側の瑞々しい国。顔形が日本人にそっくり!「ETHNIC DANCE」から「恋に狂った男」なんて歌はいかが?
ちよっとあぶない男の歌です。
No.308 「ベンガルの舟唄」 2014/05/17 UNEP親善大使としてインド訪問(2004)。「ベンガルの舟唄」。生まれ故郷のハルビンのライブで歌った。アルバム「ハルビンの夏」に収録。
No.307 「ブブリチキ」 2014/05/16 父 幸四郎の誕生日(1910)大学は満州のハルピン学院。ロシア人教授の授業を受けていたけど教室は嫌いでロシア民謡が大好き。何処かで歌っていたらしいです「ブブリチキ」。
アルバム「ロシアのすたるじい」。
No.306 「忘れ草」 2014/05/15 誕生花は忘れな草。花言葉は真実の愛。ちょっとひねって私の曲「忘れ草」(1979) ちょっぴり切ない恋歌です。アルバム「悲しみの集い」。
忘れ草は私の思いつきだったけれど、沖縄で実在してました。One Day Liry.萱草の一種。花言葉は私を忘れないで。
No.305 「ライラ・ライラ」 2014/05/14 イスラエル共和国の建国(1948)。ここから中東の危機が始まる。パレスチナ難民が大量に土地を奪われた。アルバム「色即是空」の中にあるユダヤの子守唄「ライラ・ライラ」。
No.304 「欲望という名の船にのる」 2014/05/13 UNEP親善大使としてウズベキスタン訪問(2003)砂漠地帯の畑に送る水を使い過ぎて小さくなってしまった「アラル海」を視察。私のオリジナル「欲望という名の船にのる」。
水が無くなった土地は大量の農薬と塩分で汚染され、港に停泊していた船が放置された不思議な風景。
No.303 「俵はごろごろ」 2014/05/12 米一揆二つ。飢饉による米価高騰が原因の天明の打壊し事件(1787)と配給不足から東京世田谷で起こった米ヨコセ区民大会(1946)お米にまつわる童謡を「俵はごろごろ」。
アルバム「赤い靴」(1974)野口雨情作詞、本居長世作曲。
No.302 「故郷はるか」 2014/05/11 母の日。オリジナル曲「故郷はるか」(1989)「母の背中で聞いた下駄の音…」の詩で始まる歌。アルバム「エロティシー謎」の一曲。アルバム「登紀子情歌」にも。
No.301 「カオルの詩」 2014/05/10 東山カオル没(1977)。三里塚の成田空港反対運動の中で亡くなった。彼のお母さんの詩に高橋悠治が作曲した「カオルの詩」。[愛する人へ」「TOKIKO CRY」に収録。
No.300 「ギタリズム」 2014/05/09 アルバム「シャントゥーズ2」発売。ゴスペラーズのバッキングをしているギタリスト宇佐美秀文の曲に私の詞をつけて村上てつやさんとデュエットでレコーディング「ギタリズム」。
登紀子500曲マラソン、今日で300日!
No.299 「懐かしき恋人の歌」 2014/05/08 画家のゴーギャン没(1848-1903)同じタヒチに移り住んだジャック・ブレル。何曲も歌っている彼の歌の中から「懐かしき恋人の歌」「シャントゥーズTokiko」より。
No.298 「恋の予感」 2014/05/07 アルバム「TokikoSONGS」発売(2008)。日本のポップスのカバーアルバム。この中から「恋の予感」。玉置浩二のボーカルの秘技をカバーしてみて改めて感じた。
No.297 「リリーマルレーン」 2014/05/06 マレーネ・デートリヒの命日(01-92)パリで亡くなり柩はフランス国旗に包まれベルリンに葬送。70年の万博で初来日「リリーマルレーン」その頃日本語に翻訳しリリース。
ドイツの誇りを持つマレーネがナチスを認めず連合軍に加わり前線で歌った。
No.296 「青いこいのぼりと白いカーネーション」 2014/05/05 こどもの日にちなんで「青いこいのぼりと白いカーネーション」。2011年3月11日、小学6年生だった少年の被災日記をもとに作詞作曲。
津波で亡くなったお父さんの腕時計が動いていた感動のエピソードが綴られていました。
No.295 「時には母のない子のように」 2014/05/04 寺山修司命日(1935-1983)「時には母のない子のように」60年代半ばNHK教育テレビで「若い広場」の司会をしていたころよく出演してくださった。
「時には…」はカルメン・マキの大ヒット曲。
No.294 「歌いつづけて」 2014/05/03 ダリダ亡くなる(1933-1987)彼女の残した歌「歌いつづけて」は私が大切にしている一曲。失恋による自死と言われている。アルバム「My Story」に収録(87) 。
死後の写真が公表されあっと驚かされパリでは盛大な葬儀が行われた。
No.293 「美しき五月のパリ」 2014/05/02 1920年日本で初めてのメーデー。翌年から5月1日に決まる。仏の68年の5月革命の時に歌われた「美しき五月のパリ」。71年このタイトルでシャンソン・アルバムを出す。
今日は忌野清志郎の命日でもあります(2009) 。
No.292 「愛LovePeace」 2014/05/01 アジア各地から集まった子供達のコーラスとの共演「愛LovePeace」発売。京都で開かれた「二条城国際音楽祭」に向けて作詞作曲(2003)日本語と英語の両方で作詞。
この日は徳川家康が二条城を着工した日(1602) 。
No.291 「美しい昔」 2014/04/30 ベトナム戦争終結(1975) 戦争中に歌われた「美しい昔」。シングル「1968」のカップリング(2009)。今年のオーチャードホール(7/12)で歌います。
作詞作曲のチン・コン・ソンは亡くなるまでベトナムに残り沢山の曲を残したが、歌ったカン・リーは終戦直前にアメリカに渡った。
No.290 「マリーザンデルス」 2014/04/29 ジャンヌ・ダルクがオルレアンの城に入城(1429)意味は違うけど、同じように中世の掟を破って告発された女を歌った歌「マリーザンデルス」ブレヒトの詩を訳して私が作曲。
アルバム「私の中のひとり」(1970)の一曲。
No.289 「昔美しゃ今美しゃ」 2014/04/28 サンフランシスコ条約が発効、沖縄が日本から離れることが決まった日(52)復帰前の沖縄返還を求めた沖縄デー。BEGINの曲で「昔美しゃ今美しゃ」アルバム「沖縄情歌」。
69年には国鉄もストップしたゼネストになりました。
No.288 「性悪女」 2014/04/27 悪妻の日。BC399年の今日亡くなったソクラテスの妻が悪妻として有名だったそうです。私の作詞じゃないけど私の歌に「性悪女」という歌があります。阿久悠さんの詞(84) 。
No.287 「チェルノブイリ」 2014/04/26 チェルノブイリ原発事故が起こった日(1986)。この事故のことを歌った私のオリジナル「チェルノブイリ」。アルバム「トキコ・クライ」(1997)に収録。
99年原発に近く、廃墟になった街プリビャチと避難している人の住宅のあるキエフを訪問。
No.286 「さびた車輪」 2014/04/25 尾崎豊、26歳で亡くなった日(1992) 1984年日比谷野音で反核のコンサート、アトミックカフェに一緒に出演。この時私が歌ったのは「さびた車輪」(1977) 。
彼はこの日、照明用のイントレの上から飛び降り骨折しながらも歌い続けた。
No.285 「カンカン烏」 2014/04/24 つかこうへいの誕生日(1948)。彼の作詞作曲「カンカン烏」という歌をNHKの「みんなの歌」で歌ったことがあります(1982)結構ヒットしたのよ(笑)貴重な音源です。
No.284 「ひとつの謎」 2014/04/23 サン・ジョルディーの日。男は女に一輪の花を、女は男に一冊の本を贈る日だそうです。花を少女に贈ろうとした少年の物語「ひとつの謎」「エロティシ謎」(89)の1曲目。
No.283 「Never Give Up Tomorrow」 2014/04/22 ペルー大使公邸占拠事件解決(97)127日間もの長期間占拠。外からのラジオ放送があると聞き応援の気持ちを込めて送った「Never Give Up Tomorrow」。
アルバム「晴れ上がる空のように 」(1996)
No.282 「愛する人へ-砂丘にて」 2014/04/21 藤本敏夫が中野刑務所に収監された日(72)結婚していなかったのでもう会えないかもしれないという思いでこの日を迎えた「愛する人へ-砂丘にて」「エロティシー謎」の一曲。
秋田の海岸で一人で泣き、砂を瓶に詰めた思い出忘れません。
No.281 「雨と星の紡ぎ唄」 2014/04/20 暦では「穀雨」。
雨の歌はたくさん作ってるけどアルバム「エロティシ-謎」(1989)の中の美しい歌を。「雨と星の紡ぎ唄」。
No.280 「ペールラシェーズ」 2014/04/19 ワルシャワ蜂起(43)反ナチの武装蜂起。ポーランド人の誇り、ショパンの墓があるパリの墓地を歌った「ペールラシェーズ」「登紀子愛歌」(2013)にライブ音源で収録。
ここはパリコミューンの兵士の墓地もあり、ピアフの墓もある。
No.279 「川のサンバ」 2014/04/18 2001年UNEP親善大使として初めてタイ、バンコクでデルタの河口のマングローブ植林を視察。アルバム「Out of Border」から「川のサンバ」(1981)
No.278 「La Vie-今ここにいること」 2014/04/17 今日の花、ドイツ菖蒲。花言葉は「素晴らしい結婚」なので熟年の愛の姿を歌った私のオリジナル「La Vie-今ここにいること」。「シャントゥーズ2」(2007)の一曲。
No.277 「生きてりゃいいさ」 2014/04/16 河島英五さん亡くなる(2001)。彼が1979年に贈ってくれた「生きてりゃいいさ」この年一緒にジョイントコンサートもしました。
彼の晩年も良く一緒に歌い、阪神大震災を描いた映画「ありがとう」(2006)の主題歌にも。
No.276 「誰も誰も知らない」 2014/04/15 デビュー曲「誰も誰も知らない」発売(66)なかにし礼作詞、中島安敏作曲。友達と作戦会議をして都内のレコード店をまわってもらったりした。
結果は本当に「誰も誰も知らない」レコードになってしまった!
No.275 「難船」 2014/04/14 タイタニック号が氷山に激突し沈没(1912)直接には何の関係もないけど、アマリア・ロドリゲスが歌ったファドを私自身の訳で歌った「難船」アルバム「さびた車輪」(77)。
No.274 「ナントの雨」 2014/04/13 ナントの勅令を国王アンリ4世が発令(1598)。フランスでのキリスト教の新教徒に信仰の自由を認可。ナントといえばバルバラの曲で初めて訳詞をして歌った「ナントの雨」。
ウイーンでRecしたL'amour-Ⅱ(1999)で聞いてください。
No.273 「春待草」 2014/04/12 アルバム「春待草」発売(2000)。こんな名前の花があったらいいな。と作った歌。タンゴアレンジが印象的。「さよなら私の20世紀たち」シリーズの10枚目のタイトル曲。
No.272 「朝の食事」 2014/04/11 ジャック・プレベール没(1900-77) 71年、彼の詩集にあった詩に私の曲をつけたオリジナル「朝の食事」。アルバム「この世に生まれてきたら」に収録(1974)。
No.271 「今あなたに歌いたい」 2014/04/10 和田アキ子誕生日。88年の20周年パーティーで「今あなたに歌いたい」のテープをプレゼント。前夜、夢の中で彼女の声で聞こえて来たメロディーと歌詞を慌ててテープに録音!
No.270 「あの小さな家」 2014/04/09 母、加藤淑子誕生日 (1915)まだ私が小学生だった京都時代、母の思い出がつまっている「あの小さな家」を感謝を込めて贈ります「TOKIKOバラード1」(1998)より。
今年で母は99歳になります。
No.269 「花祭り」 2014/04/08 花祭りの日。いつもボンボをたたきながら歌っていた南米のフォルクローレの代表曲「花祭り」。長谷川きよしとのジョイントライブ(1978)から。
No.268 「忘却」 2014/04/07 山本容子さんの誕生日。彼女がプロデュースしたアルバム「エンジェルス・ティアーズ」で歌ったアストール・ピアソラの「忘却」。シャントゥーズTOKIKO(2006)に収録
No.267 「スト・カロ (Good Luck)」 2014/04/06 アテネで第1回オリンピック開催(1896)。私が歌ったギリシャの歌「スト・カロ (Good Luck)」素敵な船出の歌。アルバム「ファシネーション」(1991)。
No.266 「みんな一緒に」 2014/04/05 中国・北京の天安門事件(1976)亡くなった周恩来に捧げられた花を北京市当局が撤去した事への抗議が暴動化した。アルゼンチンの民衆歌「みんな一緒に」を。
この後1989年6月にも同じように民主化を求めた若者に軍が発砲した天安門事件がある。
No.265 「わが心のジョージア」 2014/04/04 キング牧師狙撃され死亡。70年のライブ盤にある「わが心のジョージア」アトランタでのコンサートの時、詞の確認がしたくてレイ・チヤールズのCDを探したけどその店には無かった。
アトランタでレイ・チャールズのCDを探したが黒人のCDは置いてなくてウイリー・ネルソンを買った。黒人の多い街でこんなことがあるなんて!
No.264 「仮面の騎士」 2014/04/03 仮面ライダー放送開始(1971)。どっちかというと「怪傑ゾロ」がモデルだけど私のオリジナルで「仮面の騎士」があります。長谷川きよしとのジョイントライブから。
No.263 「希望」 2014/04/02 今日の誕生花アネモネ(WindFlower) 大好きな花。花言葉は期待。いずみたく作曲で岸洋子の歌った「希望」。1969年のアルバム「ひとり寝の子守唄」の中でカバー。
No.262 「愛の日々へのララバイ」 2014/04/01 「愛の日々へのララバイ」シングル発売(1996)アルバム「晴れ上がる空のように」の一曲。このアルバムタイトルはこの年に亡くなった司馬遼太郎さんが残した言葉から頂いた。
司馬遼太郎さんが残した言葉「君たちはつねに晴れあがった空のようにたかだかとした心を持たねばならない。」
No.261 「宛のない手紙」 2014/03/31 赤軍派による日航機「よど号」ハイジャック。犯人達はその後北朝鮮に住むことに。韓国の映画「JSA」へのトリビュートとしてレコーディングした「宛のない手紙」。
南北に分断された悲劇を描いた韓国の映画。イ・ビョンホン主演。
No.260 「フランシーヌの場合」 2014/03/30 1969年、パリでベトナム戦争とナイジェリアの内戦に抗議してフランシーヌ・ルコントという30歳の女性が焼身自殺した。このことを歌った「フランシーヌの場合」。新谷のり子さんが歌って大ヒットした歌。アルバム「ひとり寝の子守唄」でカバー。
No.259 「あいつは私のヒーロー」 2014/03/29 高杉晋作が脱藩し投獄(1864)「三千世界の鴉を殺しぬしと朝寝をしてみたい」と名台詞を残した幕末切っての色男。私の描いたヒーロー像を歌にした「あいつは私のヒーロー」。
No.258 「影のジプシー」 2014/03/28 スリーマイル島で大量の放射能漏事故('78)日本で次々と原発が作られ危険な仕事をする労働者が「原発ジプシー」と呼ばれてる事を知って作った「影のジプシー」('82)
深町純のプロデュースアルバム「Rising」に収録「原発ジプシー」としても知られる。
No.257 「海辺の恋」 2014/03/27 松尾芭蕉「奥の細道」六百里の旅に出発。俳句っぽい歌探してみました。「海辺の恋」佐藤春夫の詩に小椋桂さんが作曲。Recは1975年のアルバム「いく時代かがありまして」。
No.256 「愛のくらし」 2014/03/26 今日の花は白い桜草。花言葉は「初恋」私が初めて「愛」という言葉を使って詩を書いた「愛歌」の処女作「愛のくらし」タンゴの巨匠アルフレッド・ハウゼの作曲。
シングルのオリジナルドーナッツ盤はハウぜ楽団の演奏でレコーディングしている。
No.255 「愛する人があるのなら」 2014/03/25 作家橋本治の誕生日。彼の切り絵がアルバムジャケットになっている「愛する人へ」から「愛する人があるのなら」(1978)
彼は1968年の東大駒場祭で「止めてくれるなおっかさん、背中の銀杏が泣いている」というコピーで有名になった。
No.254 「青い月のバラード」 2014/03/24 自著「青い月のバラード」発刊(2003)前年に発売したアルバム「花筐」の一曲と同じタイトル。この歌は2002年他界した夫、藤本敏夫を送る気持ちを込めて作った。
本は夫との1968年の出逢いから永訣までの自伝。
No.253 「旅景色」 2014/03/23 世界気象デー。今年は南岸低気圧で大雪が降りました。3月になってもまだ心配ですね。こんな春と冬の入り交じる頃の風情を歌った「旅景色」。
「冬でもないのに雪を乗せ列車が駅に着いた」で始まる旅の歌。
No.252 「生きている琵琶湖」 2014/03/22 世界水の日(国連が1992年に決定)琵琶湖の畔で世界水会議が開かれた時作ったのが「生きている琵琶湖」子供達の合唱でレコーディング。
国連環境計画の親善大使として訪問した国の子供達と歌ってきた。
No.251 「太陽が踊っている」 2014/03/21 今日は春分の日。そして太陽の日。(ソーラーシステム振興協会が決めた)私のオリジナル「太陽が踊っている」(1987)
日比谷野音で73年を除く72年から2000年までの毎年コンサートをしていた。その楽しいシーンが懐かしい。
No.250 「桜坂」 2014/03/20 地下鉄サリン事件の日(1995)。この年は阪神大震災の日でもあり、ショックな事件でした。「春はやってくるのに」の思いを込め福山雅治さんのカバー「桜坂」を贈ります。
今日で登紀子500曲マラソン250曲目。折り返し地点です。
No.249 「マイトノメ」 2014/03/19 ミュージックの日(日本音楽ユニオンが'92年に決めた)皮肉だけど多分著作権もなくユニオンも関係ない最もプリミティブな歌を選びました。キューバの先住民の歌「マイトノメ」。
No.248 「さくらんぼの実る頃」 2014/03/18 パリ市民が蜂起(1871)
パリコミューンの発端となる。5月には鎮圧され沢山の人が殺された。この時のことを歌った歌が「さくらんぼの実る頃」。
宮崎駿さんのアニメーション映画「紅の豚」の挿入歌としてジーナが歌いました。
No.247 「今どこにいますか」 2014/03/17 2011年3月11日から6日。母を京都の兄のところへ避難。その滞在中被災地で行方不明の家族を探す人々の姿を画面を通して見ながら一気に作った「今どこにいますか」。
No.246 「向こう岸へ」 2014/03/16 隅田川で帝国大学(現東大)運動会の第一回春期競漕会、初のボートレース(1887) 因みに私も'62年入学東大女子ボート部員でした。歌は告井延隆の作曲「向こう岸へ」。
No.245 「裸足になって」 2014/03/15 何故か靴の日。'32年日本靴連盟が発足したんですね。靴を歌った歌がないかしらと探していたら「裸足になって」という歌が見つかりました!「この空を飛べたら」のB面でした。
チョットひねってますが、これでよろしく。
No.244 「白いブランコ」 2014/03/14 ホワイトデー。素直に「白いブランコ」。
ビリーバンバンのヒット曲。アルバム「ひとり寝の子守唄」でカバー。懐かしく優しいラブソング。
No.243 「思春記」 2014/03/13 吉永小百合さんの誕生日('45)都立駒場高校に1年後輩として彼女が入学したのが'60年。もう日活のスターでした。私が副局長をしていた駒場放送局に入部。「思春記」を…
キラキラとした美しい目が印象的でした。
No.242 「アイアイアモール」 2014/03/12 終戦を信じずルバング島に隠れ住んでいた元日本兵、小野田少尉の帰国した日。'74年私が初めて沖縄でコンサートした日と重なったのです。この劇的な日に「アイアイアモール」。
今年の1月16日小野田さんは他界、最後まで小野田自然塾で子供達に生きる力を教えた。
No.241 「3001年へのプレリュード」 2014/03/11 東日本大震災から3年。ピアソラの誕生日('21)彼の曲「3001年へのプレリュード」を。「3001年にもう一度生まれてくるわ」と故郷を奪われた民の思いを語っています。
No.240 「夜のプラットホーム」 2014/03/10 東京大空襲(1945)死者は10万人を超えた。1944年の11月に始まり45年には終戦まで5回の大規模空襲があった。「Songs」でカバーした「夜のプラットホーム」。
1939年の映画「東京の女」挿入歌として淡谷のり子がレコーディングしたが発売禁止。戦後になってヒットソングになった歌。
No.239 「火山に生きる人」 2014/03/09 伊豆大島の三原山の大噴火(1951)。この時新山が出来た。最近では1986年にも大噴火。 私がフランスで作ったアルバムの中に「火山に生きる人」という歌があります。
「そんな危険なところになんで住んでるの?」というフランス人の素朴な疑問が込められています。
No.238 「薔薇と月」 2014/03/08 ミツバチの日。ミツバチと出会って花は実を付けますが恋をしてるのかしら?
私の作詞、原田真二の作曲で「薔薇と月」(2004) 薔薇が咲く時に月が輝くでしょうか?
なかなかうまくいかなくて大変という歌。(笑)
No.237 「繻子の靴」 2014/03/07 京都府北西部でM7・3の大地震、丹後地震で死者2925人(1927)。全曲フランス語でレコーディングしたアルバム「シパンゴ」の中の京都を歌った「繻子の靴」。
私の母が結婚して満洲に渡る時、絹の靴を持って行ったという話が元になっています。
No.236 「Rising」 2014/03/06 世界一周記念日('66)日本航空が世界一周線の営業開始した日。私のオリジナル曲「Rising」(1982)。地球を空から見てるような歌、飛んでる気持ちになれます!
♪「日が昇り、日が沈む、天と大地の間に…」
No.235 「芭蕉布」 2014/03/05 サンゴの日。アルバム「沖縄情歌」の中から「芭蕉布」を。水温上昇の為にサンゴは危機です。石垣でサンゴを守る活動に参加したのでサンゴ大使になっています。
畑の作り方や生活排水の処理も大きく影響するので気をつけなきゃね。
No.234 「東崎(あがりざち)」 2014/03/04 三線の日。沖縄では毎年「三線の日」のコンサートがあり出演したことも。喜納昌吉の名曲「東崎(あがりざち)」。初めて三線で歌った歌。歌われているのは与那国島の美しい風景。
No.233 「見えない汽車」 2014/03/03 私の6番目の孫の誕生日。男の子なのにお雛様の日に。今年6歳小学校に上がります。丁度この歌の少年のような年頃。「いく時代かがありまして」から「見えない汽車」(1975)。
No.232 「バルバラソング」 2014/03/02 クルトワイル誕生日(1900)
アーノルド・ブレヒトとのコンビでの傑作「三文オペラ」の中の一曲「バルバラソング」。ピアノは坂本龍一。アルバム「愛はすべてを赦す」。
No.231 「ヴェネズエラ」 2014/03/01 ハリーベラフォンテ誕生日(1927)彼の「ヴェネズエラ」「TOKIKO-DANCE」に収録。来日公演は見逃さない大ファン。今日で87歳。これからも公演があるといいな!
No.230 「運命の時代」 2014/02/28 浅間山荘事件('72)連合赤軍が立て籠る山荘に警官が突入人質を解放。この事件に関係ないが血塗られた歴史を生きた者の思いを歌ったアンナ・プリュクナルの「運命の時代」。
No.229 「知床旅情」 2014/02/27 2012年夕張映画祭で森繁久彌さんの主演映画「地の涯に生きるもの」を上映。私も参加し「知床旅情」を歌う。この映画のロケを終え知床を去る時に作詞作曲した。
戦前、戦中、戦後で3人の息子を亡くした老漁師を描いた傑作(1960)。
No.228 「悲しみの海の深さを」 2014/02/26 2005年のこの日、中越地震で被害を受けた新潟県新発田に娘のYaeと行った日。阪神大震災から10年目の年でもある。阪神大震災後に作った「悲しみの海の深さを」。
No.227 「アナックー息子」 2014/02/25 フィリピンでアキノ新大統領就任。マルコス夫妻はアメリカに亡命。('86)1年後の革命1周年にはマニラへ行ってフレディーアギラの「アナックー息子」を歌った。
iTunes スペシャルでその時の爆音の中のライブが入っています。
No.226 「虹をさがそう」 2014/02/24 に・しにかこつけて「虹をさがそう」アイドル時代の可愛い歌。'68年7月のリリース。当時の恋人藤本敏夫が御茶ノ水界隈を学生デモで埋尽くしていた頃こんな歌を歌ってた!
「一人寝の子守歌」を歌う前の私。
No.225 「わかれうた」 2014/02/23 中島みゆきさんの誕生日。アルバムSongsから「わかれうた」ギター1本の弾き語り風。映画の中で院内放送局から今夜亡くなる人に贈るというシーンで歌った事があります
ちなみに今日は「フジサン」の日。
No.224 「金色の舟」 2014/02/22 アルバム「花」日仏同時発売(1995) 歌手生活30周年が始まる。プロデュースをしたフィリップ・エデルが書き下ろしてくれた曲で私の作詞「金色の舟」。
あまり歌う機会もないけど面白い歌です。
No.223 「My Song My Love」 2014/02/21 現在の毎日新聞ー東京日日新聞の創刊(1872)今、毎日新聞で月に一度の「おんなのしんぶん」で対談のインタビュアーをしています「My Song My Love」を。
「登紀子の愛活」では恋愛相談もやってます。
No.222 「聞かせてよ愛の言葉を」 2014/02/20 武満徹没(1930-1996)彼は戦争中15歳で徴用されていた工場で上官に「聞かせてよ愛の言葉を」というシャンソンを聞かせてもらい、それがきっかけで音楽家になった。
「シャントゥーズ・TOKIKO」から聞いてください。
No.221 「サヨナラ」 2014/02/19 米在住の日系人が強制収容所に転住させられる('42)'88年カーネギーホールでのコンサートを主催したJassiのリーダーが「サヨナラ」を歌い、その経験を話してくれた。
アルバム「TOKIKO」より。Jassiは日系アメリカ人を支援する団体。
No.220 「蒼い流れに」 2014/02/18 岐阜さくらの会(2012)で岐阜市政100周年の年に作詞作曲した「蒼い流れに」を復活。久しぶりに歌いました。CDは発売されていないようです。REC音源はあります。
No.219 「Pikajiー南風」 2014/02/17 沖縄県久米島でみぞれを観測。沖縄県唯一の降雪記録(1977)ふーん、やっぱり雪は珍しいのね。私が作った南の島の歌「Pikajiー南風」。南アフリカの子供達のコーラス。
No.218 「駅」 2014/02/16 高倉健誕生日(1931)映画「駅」に因んで私のオリジナル「駅」アルバム「Ethnic Dance」('86)の1曲。雪の降りしきるプラットホームの別れを歌っています。
今もリクエストの多いラブソング。
No.217 「私のブギウギ」 2014/02/15 日劇ミュージックホールのさよなら公演。半世紀の歴史を閉じる(1981)ここで歌っ1980年の「ほろ酔いコンサート」のライブから「私のブギウギ」浅川マキの歌。
もともとマキが日劇ミュージックに出演していたことが、ここで歌うきっかけだった。
No.216 「Love Forever」 2014/02/14 バレンタインデー。この日にふさわしく可愛くて元気のいいラブソングを贈ります。「Love Forever」アルバム「晴れ上がる空のように」(1996)の1曲。
No.215 「恋の花開く時」 2014/02/13 気象協会がスギ花粉の飛散状況の予報開始('90)「恋の花開く時」シャントゥーズ・Tokikoの1曲。
「恋の花開く時、それは今。春の風吹くように突然に」と歌っている恋歌。
No.214 「満州の丘に立ちて」 2014/02/12 司馬遼太郎命日。なぜか日露戦争を思い出す「坂の上の雲」に描かれた日本創世記のリーダー達のイメージが強いからか「満州の丘に立ちて」'71年発表「ロシアのすたるじい」
ロシアの歌には敗戦後の向こう側の苦しみが描かれています。
No.213 「Don't Tramp On Me 天国の丘の上で」 2014/02/11 ネルソン・マンデラが27年の獄中生活から解放された日(1990)2000年にヨハネスブルグでRecした南アの曲「Don't Tramp On Me 天国の丘の上で」
差別された黒人居留区では木を植えることも禁じられ、真っ白な丘だったことを思い出します。
No.212 「人間の努力は長続きしない」 2014/02/10 ベルトルト・ブレヒト誕生日(1898-1956)代表作「三文オペラ」の中から「人間の努力は長続きしない」。坂本龍一プロデュースアルバム「愛はすべてを赦す」から。
No.211 「遠い祖国」 2014/02/09 高野悦子さん亡くなる(2013)。同じ満州生まれ。守ってくれる国を持たない人たちへの深い愛を常に持ち続けていた人でした。私の歌で「遠い祖国」を贈ります。
No.210 「ガレリア」 2014/02/08 ソチの冬季オリンピックいよいよ始まりましたね。サラエボの冬季オリンピックもこの日開幕でした('84)歴史の歪に生きる痛みを歌った「ガレリア」「ファシネーション」の1曲。
サラエボはその後1992年から始まったユーゴ内戦に晒されることに。
No.209 「風来坊」 2014/02/07 阿久悠さん誕生日('37)彼の作詞、私の作曲で歌った歌が数曲あります。そのうちの一つ「風来坊」('84)今年は再び彼の詞に私が作曲した「富士山だ」をリリースしています。
No.208 「地球は私たちのもの」 2014/02/06 UNEP国連環境計画親善大使として2001年ナイロビのUNEP本部でプレゼンテーション「地球は私たちのもの」フランス語でレコーディングしたアルバム「シパンゴ」の1曲。
2001年の春から活動を開始、2011年3月までアジア、オセアニアの国15カ国を訪問。
No.207 「カーニバル」 2014/02/05 「Out of Border」発売(1981)このアルバムの1曲、オリジナルの「カーニバル」はいかが?リオデジャネイロのカーニバルも大抵2月。3人目の娘の誕生後の作品。
今年(2014年)は開幕が3月1日だそうです。
No.206 「Song for Youー愛の歌を」 2014/02/04 リンドバーグの誕生日「翼よあれがパリの灯だ」の名言を残したアメリカ人飛行士。初めて大西洋横断に成功。「Song for Youー愛の歌を」。「TOKIKO・L'AMOUR-II 愛の歌を」の1曲。
No.205 「枯れ木の上に」 2014/02/03 節分。一番寒い季節なのに春の始まり。デビューしてフランス語の日本語訳をつけたシャンソン「枯れ木の上に」を聞いてみて下さい。ジュリエット・グレコの歌でした。
No.204 「暗い夜」 2014/02/02 スターリングラード全域でドイツ軍降伏。第二次大戦で亡くなったソ連人の数は1200万人と言われている。余りに悲惨な歴史。アルバム「ロシアのすたるじい」の中の「暗い夜」
ロシアの歌には戦争の悲しみを歌った歌が多い。
No.203 「帰りたい帰れない」 2014/02/01 「帰りたい帰れない」発売の日(1970)田舎を捨てて東京に出てきていた60年代の学生達の心情を歌った。初めてのオリジナルヒット曲「ひとり寝の子守唄」に続くオリジナル曲。
No.202 「暗い日曜日」 2014/01/31 ダミアが亡くなった日(1889-1978)彼女の残した歴史的な名曲「暗い日曜日」世界恐慌後の1933年ハンガリーでリリース。ヨーロッパ中に広がる大ヒットとなる。
私がダミアを初めて聴いたのは中学時代。声の低い魅力が嬉しかった!
No.201 「アラバマソング」 2014/01/30 ヒトラー内閣成立('33)クルトワイル作曲、ベルトルト・ブレヒト作詞の「アラバマソング」ブレヒトはヒトラー内閣成立の1ヶ月後、入院中だった病院を抜け出しプラハに亡命。
1930年初演のオペラ「マハゴニー」の劇中歌。
No.200 「時の流れに身をまかせ」 2014/01/29 テレサ・テン誕生日(1953)アルバム「Songs」でカバー、「時の流れに身をまかせ」番組で一緒だった時シンガーソングライターとして活動したいと語っていたのが思い出。
登紀子500曲マラソンは、この歌で200曲目。
No.199 「孤独」 2014/01/28 シャントゥーズⅡのレコーディング(2007)。この日、ファドの「孤独」を録った。アマリア・ロドリゲスの歌った名曲。訳詞ならではの、大胆で投げやりな歌詞が好き。
No.198 「七つの子」 2014/01/27 野口雨情命日('45) 「七つの子」デビューの頃、キャバレーでどうしても歌を聴いてもらえなくて苦しんでいた時「なんか童謡でも歌えよ」と言われて歌った歌。
気がつくと客席でさっきまで騒いでいた男たちが泣いていたのを今も覚えている。
No.197 「ふるさとは忘れない」 2014/01/26 タイ東北部の象の村、タークランへの旅最後の日('97)。象を連れて男達が出稼ぎに出る貧しいが美しい村の暮らしを番組に。そのテーマとして創った歌「ふるさとは忘れない」
No.196 「星が降ります」 2014/01/25 松本零士誕生('38)父親が戦争中飛行機の操縦士で「星の海の中を飛んでるようだった」と、よく話を聞いたそうです。それが宇宙漫画への夢の始まり「星が降ります」を贈ります。
ボリビアの笛、シークの演奏が美しいです。
No.195 「牢屋のならず者」 2014/01/24 カルフォルニアでゴールドラッシュ始まる(1848)一攫千金を求めてアメリカに人が流れ込んだ。荒くれた男達の姿が浮かんでくる!「牢屋のならず者」ギリシャの禁じられた歌。
No.194 「あなたの行く朝」 2014/01/23 藤本敏夫の誕生日 ('44) B型水瓶座。初めて認めてくれた「あなたの行く朝」('76)この歌を聞くと「俺はこのままここにいていいのか?と思ってしまう」と言っていた。
No.193 「レニングラードの不良少年」 2014/01/22 帝政ロシア時代、ペテルブルクで血の日曜日(1905)この事件が1917年のロシア革命へと発展する。私がソ連公演の時に作った曲「レニングラードの不良少年」(1968)
No.192 「歌いつきるまで」 2014/01/21 伊藤野枝誕生(1895)大杉栄の心を魅了した自由な女、20歳の頃の私が目指した生き方。彼女の恋と革命にシングル「私のヴァンサンカン」のB面「歌いつきるまで」を贈ります。
No.191 「チャンスは今だ」 2014/01/20 4年に1度アメリカの大統領の就任式のある日。東大が入試の中止を決定('69)した日でもある。そして中村八大さんの誕生日なので八大さんの曲に私の詞をつけた「チャンスは今だ」(8'68)シングル「虹をさがそう」のB面
No.190 「とっても長い道」 2014/01/19 東大安田講堂を封鎖していた学生が敗北、機動隊により解除(1969)「私の中のひとり」の中の友人の平井吉夫が作詞作曲した「とっても長い道」。あの頃の思いが伝わってくる
No.189 「牢獄の炎」 2014/01/18 大逆事件の判決が下り幸徳秋水ら24人が死刑となった(1911)大正デモクラシーの入り口なのにあまりに悲惨。直接の関係はないけど、「私の中のひとり」の1曲「牢獄の炎」
No.188 「ララ行こうじゃないの」 2014/01/17 浅川マキ没(2010)阪神大震災の日でもある日の突然の死ショックでした。彼女の詩に曲をつけた「ララ行こうじゃないの」70年初のオリジナル曲集「私の中のひとり」の1曲
No.187 「戦争の子供たち」 2014/01/16 英米仏など多国籍軍のイラク攻撃開始湾岸戦争に突入('91)花火の様な攻撃の様子が世界中に発信された。シャルル・アズナブールの「戦争の子供たち」がなぜかピタッとはまる
1971年のアルバム「美しき五月のパリ」の1曲
No.186 「ゴンドラの唄」 2014/01/15 西條八十誕生日(1882) 大傑作「ゴンドラの唄」シャンソンでデビューした私が初めてはまった日本の歌。1968年11月のコンサートで、演出家の佐藤信に勧められて
No.185 「坊や大きくならないで」 2014/01/14 ホーチミンがベトナム民主共和国の独立を宣言(1950)チン・コン・ソンの歌で60年代日本でもよく歌われた「坊や大きくならないで」アルバム「ひとり寝の子守唄」の1曲
その後、フランスがベトナムに敗退した1954年ジュネーブ協定によりベトナムは南北に分けられてしまう。そこにベトナム戦争への悲劇の始まりがある
No.184 「美しき20歳」 2014/01/13 成人の日。昔は15日と決まっていたね。20歳を歌った私のオリジナルは「美しき20歳」「初めてのキス 壊された窓 かわした約束 感じたまま生まれ変わる 誰からも自由」
No.183 「パッション」 2014/01/12 桜島の大噴火('14)で大隅半島と地続きに。昨年、小笠原諸島にも新島が出来、西之島と繋がりました。地球は生きていますね!「Tokiko Sky」から「パッション」
私たちも心に噴火力持っていたいね
No.182 「テネシーワルツ」 2014/01/11 江利チエミ誕生日('37)彼女の代表作「テネシーワルツ」を日本語で歌ったのは'74年夏、初めての出産後歌手復帰したコンサート。この歌が好きだった獄中の夫のリクエスト
No.181 「お前の人生」 2014/01/10 「110番の日」思い出すのは次女のYaeが3歳の時の事。どうしてもブランコから降りないので少しの間離れ、戻ったらいない!「誘拐だ!」と110番。曲は「お前の人生」
大騒ぎになったが、実は家に帰っていた。というとんだ事件
No.180 「ペペという男」 2014/01/09 1972年の今日、中東諸国への旅に出発。この時も1人旅。この旅から帰って創った「色即是空」。その中の「ペペという男」バルセロナで出逢ったボリビアの少年との思い出の歌
イラン、レバノン、エジプト、モロッコ、ポルトガル、スペイン、そしてドイツ。
No.179 「18の頃~Chez Maria」 2014/01/08 平成が始まったこの日パリに出発(1989)この旅の間にフランス革命200年にちなんだコンサートを決定「18の頃~Chez Maria」は帰りの飛行機の中で創った歌
「18の頃~Chez Maria」は7月7日にユネスコホールでポーランドの歌手アンナ・プリュクナルとデュエットした。
No.178 「灰色の瞳」 2014/01/07 1974年、長谷川きよしさんとデュエットで「灰色の瞳」レコーディング (3月発売)翌々日の9日、1歳になったばかりの娘を母に預けて中南米の旅に出発。40日間の1人旅メキシコ、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、ブラジル、そしてNY。
No.177 「色織り坂」 2014/01/06 「色の日」です。なのに誕生花は「白いすみれ」。花言葉は「無邪気な愛」。
私の歌は「色織り坂」15歳の少女の恋物語です。風景は沖縄の海、沖縄音階で曲を作っています。
No.176 「ハバネラ」 2014/01/05 松井須磨子自死(1919) ビゼーのオペラ「カルメン」の島村翻訳版を演じ、好評を博している最中の事でした。「芝居じかけの音楽会」ライブ録音盤から私の訳の「ハバネラ」
前年の11月5日に他界した劇作家島村抱月の後を追い、月命日のこの日に自殺(32歳)
No.175 「石ころたちの青春」 2014/01/04 「石の日、ストーンデイ」です!私の青春応援歌「石ころたちの青春」。「もぎたてのリンゴほど綺麗じゃないけれど、蹴飛ばされても挫けない石ころたちがいた」。
No.174 「赤いサラファン」 2014/01/03 女優岡田嘉子と演出家杉本良吉が樺太の国境を越えてソ連に亡命(1938)で今日は「駆け落ちの日」だそうです!矛盾してるけどお嫁に行く娘を送る母の歌「赤いサラファン」を
因みに今日の誕生花は「花サフラン」。花言葉は「悔いなき青春」
No.173 「花筐~Hanagatami」 2014/01/02 1976年檀一雄さん亡くなる。彼の処女作「花筐」と同名の歌「花筐~Hanagatami」。ゴスペラーズの村上てつやの作曲、私の作詞(2002)。
ゴスペラーズのコーラスで素晴らしいレコーディングが出来た。
No.172 「Now is the time」 2014/01/01 2002年の今日作曲した「Now is the time」。4月から宇宙船地球号のテーマに。
この年に夫が他界したため家族で過ごした最後の正月となった。
日本の空は平和そのものだったが、遠いイラクでは空爆が始まっていた。
No.171 「かもめ挽歌」 2013/12/31 倉本聰誕生日(1934)。戸籍上では翌年の1月1日。1973年出産休暇中に曲の依頼を受けてテレビドラマ「六羽のかもめ」のテーマとして作詞作曲した「かもめ挽歌」
No.170 「浪漫浪乱」 2013/12/30 ロマン・ロラン亡くなる。(1944)彼の「魅せられたる魂」は私の20歳のバイブル。何故か、阿久悠さんの作詞で私の作曲で「浪漫浪乱」という歌があります。
恋をしても自由を手放さない決意をした主人公アンネットに化身してました。
No.169 「赤とんぼ」 2013/12/29 三木露風亡くなる(1889-1964)75歳。彼の歌「赤とんぼ」アルバム「赤い靴」に収録(1974)。この曲の作曲者、山田耕作も1年後の同じ日に79歳で他界。
No.168 「狂った果実」 2013/12/28 石原裕次郎さんの誕生日(1934) アルバム「SONGS」でカバーした「狂った果実」。渡哲也 さんの誕生日(1941)も裕次郎さんと一緒。
No.167 「MAMA」 2013/12/27 「東京ほろ酔いコンサートvol.41」今日から3日間、有楽町読売ホールで。
そして今日は加藤登紀子の誕生日(1943)。産んでくれた母への感謝を込めて「MAMA」
アパルトヘイトの時代アメリカで大活躍したミリアム・マケバが歌ったマンデラの祖国、南アフリカの歌。
No.166 「ちっぽけなブルース」 2013/12/26 米国の作家ヘンリー・ミラーの誕生日。代表作「北回帰線」は最後の妻ジャズ歌手のホキ・徳田さんのBarの店の名にも。で、アルバム「回帰船」から「ちっぽけなブルース」
No.165 「燃えろジングルベル」 2013/12/25 河島英五さんから送られたクリスマスソング。デュエットでレコーディングした「燃えろジングルベル」(1979)。二人でジョイントコンサートをしたころの懐かしい歌。
No.164 「シークレットナイト」 2013/12/24 クリスマスイブ。私にもこんな可愛いクリスマソングがあります「シークレットナイト」アルバム「ファシネイション」から。クリスマスの夜に白い服で恋人を待つ乙女のお話。
No.163 「富士山だ」 2013/12/23 東京タワーの営業開始の日(1958)なんだって!
それならやっぱり私の新曲「富士山だ」かな!来年1月1日にネット配信、1/22にCDリリース予定です。
No.162 「冬の蛍」 2013/12/22 冬至、一番夜が長い日。こんな日には私のラブソング「冬の蛍」。この歌はドラマのテーマでした。冬の蛍とは、宿なし達が河原で焚いた火の粉が風に舞う風景のこと。
No.161 「雪柳」 2013/12/21 今日は飛騨古川でほろ酔いコンサートです。飛騨は夕べからの雪で真っ白。アルバム「悲しみの集い」(1979)の中の「雪柳」思い出しました「雪の白さよりもっと白く…」
No.160 「無用ノ介」 2013/12/20 伊丹十三亡くなる(’97)64歳。最後の作品「マルタイの女」を上映後の悲しい死。彼が出演したTVドラマの1つが「無用ノ介」('69)同じタイトルの歌を歌っています。
アルバム「この世に生まれてきたら」の一曲(1974)
No.159 「名前も知らないあの人へ」 2013/12/19 エディットピアフの誕生日(1915)ベールビル通り72番地の路上で生まれたとされている。わたしのオリジナル「名前も知らないあの人へ」。アルバム「登紀子愛歌」に収録。

貧しかった彼女が17歳で子供を産み、2歳で亡くした、その悲しみの日の出来事を歌っっている
No.158 「私はジプシー」 2013/12/18 バイオリン製作者アントニオ・ストラディバリ没(1737)バイオリンをフィーチャー曲は沢山あるが「私はジプシー」を選ぼう!アルバム「Out of Border」
No.157 「クズザンポー」 2013/12/17 ブータンの建国記念日。1907年、ウゲン・ワンチュクが初代国王に即位。
2012年10月に首都ティンプーでコンサート。その時に歌ったブータンの歌、「クズザンポー」
日本に来日した若き国王は5代目です。
No.156 「電話」 2013/12/16 電話創業の日(1890)私のオリジナル「電話」アルバム「回帰船」(’76)の1曲目。子供が2人になってからの日常を切実に歌っている。歌うと泣いてしまう思い出深い曲。
No.155 「三月のうた」 2013/12/15 谷川俊太郎誕生日(1931) 彼の詩に武満徹が作曲した「三月のうた」を山本容子さん企画のアルバム「エンジェルス・ティアーズ」に収録。
この歌は1965年の映画「最後の審判」のテーマ。
No.154 「花よ風よ」 2013/12/14 次女八恵の誕生(1975)2001年25歳でYaeとしてデビュー。デビューアルバムの一曲、Yae作詞作曲「花よ風よ」を私もカバー。「今があしたと出逢う時」に収録。
四十七士の討ち入りの日でもある。
No.153 「あなたに」 2013/12/13 大阪ほろ酔いコンサート今年は36回目。今日と明日の2日間。幕開きを盛り上げてくれてるのは「あなたに」モンパチ(モンゴル800)のヒット曲をカバー「沖縄情歌」より
No.152 「モスクワ郊外の夕ベ」 2013/12/12 日本初の喫茶店京橋にオープン(1911)我が家業のロシアレストラン「スンガリー」が京橋にあった中学の頃、母と「モスクワ郊外の夕ベ」のロシア語を覚えたのが懐かしい
No.151 「チェ・バンドネオン」 2013/12/11 タンゴの日。アルゼンチンの英雄的歌手カルロス・ガルデスの誕生日に因んで。私が初めて歌ったタンゴ、「チェ・バンドネオン」。バンドネオン奏者アルバル・トロイロの曲
No.150 「戦争は知らない」 2013/12/10 寺山修司の誕生日(1935ー1983)今年は没後30年。私の初期に歌った「戦争は知らない」。寺山さんの詞に加藤ヒロシの曲。この歌には泣かされた人も多い事でしょう。
No.149 「海賊ジェニー」 2013/12/09 開高健、58歳で亡くなる(1989)。彼の傑作、「日本三文オペラ」に因み、ブレヒトの「三文オペラ」から「海賊ジェニー」。私の得意ナンバーです!
No.148 「グッバイ・サドネス」 2013/12/08 ジョン・レノンが殺された日(1980)この衝撃を忘れない。ジョンが亡くなった翌年、ロングアイランドでヨーコさんに会い、歌うことになった「グッバイ・サドネス」
No.147 「この世に生まれてきたら」 2013/12/07 初めての出産('72)獄中の夫から「美しいアジアの子ー美亜子」と名付けよ、と電報。翌年歌手活動再開時に誕生への感慨を込めて娘の為に作った曲「この世に生まれてきたら」
No.146
<増刊号>
「African Dream」 2013/12/06 今朝、 南アフリカ元大統領ネルソン・マンデラが亡くなりました。心から哀悼と敬意を込めて、アルバム「TOKIKO・SKY」から「African Dream」。アパルトヘイト時代の迫害をくぐり抜けた歴史から生まれた歌です。
No.146 「アラビアの唄」 2013/12/06 堀内敬三誕生(1897)アルバム「夢の人魚」で、彼の訳詞の「アラビアの唄」を歌っています。アメリカでは殆ど流行らず、日本でだけ大ヒットした素敵なジャズナンバー
No.145 「マックザナイフ」 2013/12/05 アメリカ禁酒法廃止(1933)マフィアが廃止に抵抗したそうですが、ずっと止めるわけにもいかないわよね!私の歌で相応しいのは「マックザナイフ」かな?
No.144 「人生にようこそ!Viens vivre」 2013/12/04 今日はニューアルバム「登紀子愛歌―AIUTA」発売。福岡の「ほろ酔いコンサート2013」新録音の曲「人生にようこそ!Viens vivre」歌いました。
No.143 「悲しみの島」 2013/12/03 島原の乱(1637) アルフレッド・ハウぜの曲に私の詞「悲しみの島」という歌でキリシタンを歌っています。シングル「愛のくらし」のB面でした。ハウゼの来日で共演、初めはこの曲がA面になるはずでした。
No.142 「粋な別れ」 2013/12/02 浜口庫之助さん亡くなる(1990)ハマクラさんが作詞作曲、裕次郎さんに贈った名曲「粋な別れ」をアルバム「SONGS」でカバー。石原裕次郎の歌った歌の中でも特に好き。
No.141 「最後のダンスパーティ」 2013/12/01 アルバム「最後のダンスパーティ」の発売(1984)。タイトル曲「最後のダンスパーティ」は白井良明のエレキギター1本で地球最後の日を歌っている。
No.140 「アッチャメー小」 2013/11/30 今年の「ほろ酔いコンサート」は今日、沖縄からスタート。沖縄市の音市場で開催。琉球國祭り太鼓のメンバーがゲストに!「アッチャメー小」アルバム「沖縄情歌」から
No.139 「ラ・ボエーム」 2013/11/29 新島襄、同志社英学校創設(1875)青春を歌ったシャンソン「ラ・ボエーム」はいかが?夫、藤本敏夫も同志社出身。夢のある大学だった様で同窓生が皆素敵!自由と志の学校。
No.138 「残照」 2013/11/28 戦争写真家、 一ノ瀬泰造の命日。1973年アンコールワットに単独潜入、クメール・ルージュにより処刑。戦火に曝された苦しみを歌ったアルバム「モンスーン」から「残照」。
No.137 「時代遅れの酒場」 2013/11/27 村田兆治さん誕生日(1942)、1982年の高倉健さん主演の「居酒屋兆治」は彼の名に因んでいる。健さんが歌ってラストテーマになった「時代遅れの酒場」。
高倉健さん主演の「居酒屋兆治」妻の役で登紀子が出演。この曲が出来た1977年から5年、嬉しいヒットになった「時代遅れの酒場」。
No.136 「今があしたと出逢う時」 2013/11/26 夫没後2年の2004年、追悼を込めたオリジナルアルバム「今があしたと出逢う時」発売。タイトル曲「今があしたと出逢う時」。「名奉行!大岡越前」のテーマソングに。
No.135 「黒い鷲」 2013/11/25 カーネギーの誕生日(1835)カーネギーホールで2回目のコンサートを開いたのが1990年の11月。歌手生活25周年、この時のライブ盤からバルバラの「黒い鷲」。カーネギーホールLive盤は12月4日〜配信開始予定
No.134 「オペラ Scenes D'Opera」 2013/11/24 オペラ記念日。フランスでレコーディングしたアルバム「シパンゴ」の中にフランシス・レイ作曲の傑作「オペラ」がある。オーケストラとの共演で歌う他は機会が少ないのが残念。
No.133 「日暮れにうたう唄」 2013/11/23 小室等さん誕生日。彼の曲に詩をつけた懐かしい歌「日暮れにうたう唄」。結婚で歌手休業に入ってからのある日、私の部屋まで尋ねてくださり日暮れに作り上げた歌。
1972年9月発売のアルバム「色即是空」の一曲。
No.132 「No No No」 2013/11/22 作曲編曲家深町純他界(2010)演奏会目前の急死だった。彼とは沢山の曲をレコーディング。特にアルバム「ライジング」はすべて絶品。その中から「No No No」
No.131 「大脱走」 2013/11/21 アルバム「回帰船」発売(1976)次女の八恵が誕生した後、全曲書き下ろしオリジナル曲のアルバム。告井延隆のプロデユースでレコーディング。東京脱出の歌「大脱走」!
No.130 「ギタリスタ」 2013/11/20 95年30周年の一環でヨーロッパを回ったツアー。この日はオーストリアのウィーンでコンサート。オープニングで歌った「ギタリスタ」12・4発売の「登紀子愛歌」に収録
No.129 「Born On The Earth」 2013/11/19 リンカーンのゲティスバーグ演説(1863)。「人民の人民による人民のための政治」。このメッセージを受けて私の歌は「Born On The Earth」。
1999年ロスでレコーディングした「Tokiko Journey」の中の曲。
No.128 「波止場の夜」 2013/11/18 ロシアのモスクワで17・18の二日間コンサート(2000)68年にソ連7都市でコンサートをして以来。2000年のコンサートで忘れられないロシアの歌は「波止場の夜」。
No.127 「真夜中の電話」 2013/11/17 電話料金一度数7円から10円に(1976)。電話にまつわる歌、作曲を始めて3作目の「真夜中の電話」(1967)「赤い風船」の次の次にシングル発売。
No.126 「愛はすべてを赦す」 2013/11/16 1940年ナチスがワルシャワのゲットーを封鎖、ユダヤ人をそこに強制移住させた。その頃ポーランドの人に愛された「愛はすべてを赦す」。アルバム「登紀子愛歌」に収録。
女優ハンカ・オルドンカが1933年の映画「仮面のスパイ」の中で歌った歌。
No.125 「みだれ髪」 2013/11/15 星野哲郎さん亡くなる(2010)85歳。船村徹さんが作曲、美空ひばりさんが歌った「みだれ髪」島健さんのアレンジで「Tokiko Songs」に収録(2008)。
No.124 「琵琶湖就航の歌」 2013/11/14 今日の誕生花、松「松は緑に砂白き〜」やっぱり「琵琶湖就航の歌」でしょう。旧三高のボート部の歌として歌われたきた。今は6番までのフルを録音。アルバム「風歌」バージョン
No.123 「悲しくてやりきれない」 2013/11/13 サトウハチロー没(1973)ザ・フォーククルセダーズが「イムジン河」発売中止となった直後に発表した「悲しくてやりきれない」をカバー。アルバム「Songs」に収録。
今日の歌「悲しくてやりきれない」(1968)「イムジン河」発売中止を受けて急ぎ別の歌を作れと言われ、缶詰めにされた加藤和彦さんが「イムジン河」のメロディーを逆さにたどって15分程で作った曲。一週間後にサトウハチローさんからこの詞が届いた
No.122 「檸檬Lemon」 2013/11/12 今日の花は檸檬。花言葉「心からの思慕」2004年に植えた苗木が育って今年は沢山実をつけています。夫が残してくれた農場も娘家族が守ってくれて、、「檸檬Lemon」
No.121 「土に帰る」 2013/11/11 漢字で書くと十と一、合わせると土になる。毎月11日を「土の日」にしようと、2007年のこの日 1回目の「土と平和の祭典」をスタートさせた。日付けは違うけれど今も毎年行っている。アルバム「回帰船」から「土に帰る」(1976)
No.120 「能登の夢」 2013/11/10 森繁久彌さんの命日(2009)。今年は生誕百年、彼が残した「能登の夢」という歌を書き下ろし曲「百年の恋歌」とシングルCDに。一般発売はしてないけどリンクから購入可能
No.119 「アムステルダム」 2013/11/09 1989年のこの日、ベルリンの壁の開放始まる(翌日正式に崩壊)。同じ日にベルギーに入り、ブリュッセルの凱旋門でコンサート。この国出身のジャック・ブレルの「アムステルダム」を歌った。「Tokiko Romantic」より。
No.118 「Iphupho 夢」 2013/11/08 2011年のこの日、東日本大震災後いち早く支援部隊を日本に送ってくれた南アフリカに感謝を込めてヨハネスブルグでコンサート。2000年ヨハネスブルグでレコーディングした「Tokiko Sky」から「Iphupho 夢」。ベーシスト、ビクター・マソンドの曲。
ラジオ関西、ラジオ日本で放送している「加藤登紀子の地球に乾杯」のオープニングテーマになっている。
No.117 「インシャラー」 2013/11/07 いい女の日にぴったりの越路吹雪さんが56歳の若さで亡くなった日(1980)。「ラストダンスは私に」は学生時代の18番だったけどRecしていない。初期のアルバムに「インシャラー」を収録している。大好きな歌手、素敵な人でした。
No.116 「遠い道」 2013/11/06 1968年のこの日、恋人だった藤本が10・21の行動をリードした容疑で逮捕された。その前夜から朝まで聞いていた歌がメリーホプキンの「悲しき天使」。原曲は「遠い道」
今日の歌、「遠い道」はメリーホプキンの「悲しき天使」のロシアの原曲タイトル。アルバム「Tokiko Romantic」に収録
No.115 「カチューシャの唄」 2013/11/05 島村抱月、大流行したスペイン風邪で死去(1871-1918)トルストイの「復活」をモデルにした芝居の劇中歌として中山晋平が作曲し松井須磨子が歌った「カチューシャの唄」
No.114 「水鏡」 2013/11/04 泉鏡花の誕生日(1873)。彼の代表作「水鏡」と同じタイトルの歌を書きました(2006)。新潟市の福島潟の風物を「水鏡」として。
新潟市の福島潟の風物を「水鏡」として。水辺に映る山並み、オオヒシクイや白鳥、潟に蘇ったオニバスの葉と花など。アルバム「風歌」の一曲。
No.113 「バラ色のハンカチ」 2013/11/03 ハンカチーフの日。ハンカチを正方形にするようにと決めたマリー・アントワネットの誕生日に因みこの日がハンカチの日になった「バラ色のハンカチ」(1993)を今日の歌に
No.112 「砂山」 2013/11/02 北原白秋が亡くなった日(1885-1942)。白秋の詞、中山晋平作曲の「砂山」を童謡集「赤い靴 /すばらしき詩人たち」に収録(1974)。
今日の歌「砂山」を作詞した北原白秋。中学4年の時友達と「文学会」を結成。全員白の字のつく名前を筆名と決め、くじ引きで決めたのが「白秋」の由来。
No.111 「もう離さない」 2013/11/01 アダモの誕生日(私と同じ1943)。彼が大病から回復した後の来日公演のフィナーレで歌った「もう離さない」。2007年のアルバム「シャントゥーズ2」にRec。/td>
No.110 「フロリダタンゴ」 2013/10/31 東京のダンスホール閉鎖(1940)太平洋戦争へ時代が大きく舵を切る。ダンスホール「フロリダ」をテーマに西条八十が作詞した「フロリダタンゴ」アルバム「夢の人魚」から
No.109 「愛の木」 2013/10/30 初恋の日。久石譲さんのプロデュースでRecした「愛の木」。愛の始まりを震える心で迎える少女のイメージを歌っている。美しいアレンジ、幻想的なメルヘンです。12月4日発売の「登紀子愛歌」に収録。
No.108 「酒が飲みたい」 2013/10/29 アルバム「ほろよい物語」発売(2008)この中から「酒が飲みたい」でもいかがですか?戦前日本で新聞記者をしていたアメリカ人バートンクレーンが作りヒットさせた珍しい歌
No.107 「君が生まれたあの日」 2013/10/28 初孫誕生(2001)。夫が会えた唯一人の孫、遠い沖縄の地で誕生。照れ屋の夫が素直に喜んだ。今日の歌は父親が生まれてきた子に贈る手紙をテーマに「君が生まれたあの日」
今、送ってい頂いた手紙を読む番組をしています。同タイトルの本も出版しています。
No.106 「Seeds in the fields」 2013/10/27 何とか台風が過ぎて今日は鴨川自然王国の収穫祭。ありがたい土の恵みに感謝して「Seeds in the fields」ここから沢山の未来が生まれ育ちますように!
No.105 「スマイル・レボリューション」 2013/10/26 原子力の日。辛い記念日だわね。1963年茨城県東海村で初の原子力発電成功。今年はちょうど50年。私の著書「スマイル・レボリューション」のプロローグの朗読を。
3・11の後の想いを書いた私の著書「スマイル・レボリューション」のプロローグの朗読をアルバム「ふくしま・うた語り」から。
No.104 「この空を飛べたら」 2013/10/25 民間航空記念日。戦後初めて日本航空が東京~大阪~福岡間の運航を開始した(1951)。今日の私の歌は中島みゆきさんから贈られた「この空を飛べたら」(1978) 今もリクエストの多い曲。
No.103 「マリーマリー」 2013/10/24 '27年ジルベル・ベコーの誕生日。彼のコンサートで「バラはあこがれ」を歌ったことがある。豪快で楽しいコンサートだった。私がレコーディングしたのは「マリーマリー」。アルバム「美しき五月のパリ」(1971)より。
No.102 「球根」 2013/10/23 アルバム「花筐」発売(2002)。夫藤本敏夫没後初のアルバム。夫が亡くなる前日までレコーディングしており、葬儀の後にも収録。その時の思いが今も消えない「球根」。
2002年発売のアルバム「花筐」に収録されている。イエロー・モンキーの名曲のカバー。
No.101 「Love Love Love」 2013/10/22 1988年カーネギーホールで加藤登紀子コンサート。このコンサートのラスト曲「Love Love Love」。日本人女性歌手として初めてのカーネギーホール。
惚れ惚れするような美しさ、音響もすばらしかった。今日の歌「Love Love Love」は12/4発売予定の「登紀子愛歌」に収録。
No.100 「1968」 2013/10/21 1968年のこの日、国際反戦デーで学生が新宿の街を占拠。一部の学生は防衛庁突入。この年、世界中の若者が、世界を変えようとした想いを歌った「1968」。
今日で500曲マラソン100日目!
No.099 「アジアンダンス」 2013/10/20 2012年ブータンでコンサート。首都ティンプーの時計台広場で外国人としては初めての野外コンサート。標高2320mの澄み切った空、気持ちの良い風の中で歌った「アジアンダンス」。アルバム「モンスーン」より。
No.098 「てぃんさぐの花」 2013/10/19 今日の誕生花はホウセンカ。沖縄では「てぃんさぐの花」。花言葉「私に触れないで」とは違って、少女達はこの花で爪を染めて遊ぶ習慣があります。アルバム「沖縄情歌」より。「てぃんさぐの花」は沖縄県民愛唱歌〜うちなぁかなさうた〜に選ばれています。
No.097 「パダンパダン」 2013/10/18 「十把一絡げの思い出を連れて」という歌詞に因んで「パダンパダン」ピアフが愛したポーランド系ユダヤ人ピアニスト、グランツベルグが'43年ナチス制圧下のフランスで作曲。12/4発売予定の「登紀子愛歌」にライブを収録
No.096 「秋のはじめに」 2013/10/17 ショパン没(1849)私のレパートリーからポーランドの歌を。坂本龍一プロデュースのアルバム「愛はすべてを赦す」から「秋のはじめに」。龍一さんのピアノが素敵です。
No.095 「酒場の唄」 2013/10/16 1985年阪神タイガース21年ぶりの優勝。あの年の興奮は忘れられません。勝利のビールかけ!道頓堀川に飛び込んだ人もいたね!日本初のポップスは「道頓堀行進曲」。同じ頃の歌を集めたアルバム「夢の人魚」より「酒場の唄」。一緒に歌ってるのは、坂本龍一さん
No.094 「灰色の季節」 2013/10/15 山口百恵さん芸能界を引退(1980)その数ヶ月前に三番目の娘を出産して間もない私の家を訪問して下さった事がありました。その頃作った「灰色の季節」が10/5に発売。
No.093 「褐色のサンバ」 2013/10/14 キング牧師ノーベル平和賞受賞(1964)。黒人差別への抗議の声を世界に届けた。ブラジルの歌で「Black is beautiful」の魂を込めた「褐色のサンバ」アルバム「Tokiko Dance」の一曲。
残念ながらこのアルバムは販売終了となっていますが、このサイトで試聴できます。聞いてみて下さい。
No.092 「枯葉」 2013/10/13 イブ・モンタンの誕生日。彼の代表作「枯葉」。私の訳詞、島健のピアノでアルバム「シャントゥーズ・Tokiko」に収録。北の方では、そろそろ枯葉の季節でしょうか?
No.091 「メキシコの戦い」 2013/10/12 1492年コロンブス新大陸発見、サン・サルバトル島と命名。私がフランスでレコーディングしたアルバム「シパンゴ」の一曲、「メキシコの戦い」。スペインに包囲され93日間戦い続けたインディオたちを歌っている
No.090 「私は後悔しない- Non, je ne regrette rien」 2013/10/11 エディット・ピアフ(1915-1963)の亡くなった日。 贈る歌は「私は後悔しない- Non, je ne regrette rien」。私のライブ映像から。
体調が悪かったピアフはこの歌に出会ってオランピア劇場3ヶ月のロングランに奇跡の復帰。晩年の最高傑作。
No.089 「愛のよろこび」 2013/10/10 私の両親、幸四郎 淑子の結婚記念日。昭和10年10月10日。「愛のよろこび」を送りましょう。この歌の意味は「愛の喜びは一瞬でも愛の苦しみは一生続く!」なのよ。(笑)
No.088 「愛しかない時」 2013/10/09 ジャックブレルの亡くなった日(1978)ベルギー生まれの個性派シャンソン歌手。彼の代表作「愛しかない時」素晴らしい曲。私の訳で「シャントゥーズTOKIKO」に収録
No.087 「さようなら」 2013/10/08 1967年羽田闘争で京大生の山崎博昭君が亡くなった日。この頃の思いを歌った歌、私の初期オリジナルから「さようなら」初めてのオリジナル曲集「私の中のひとり」に収録
No.086 「自由に生きるって
どんなことだろう」
2013/10/07 日本国憲法成立(1946)。 この後11月3日に公布、翌年5月3日の施行。この憲法は国の最高法規(98条)に位置する。私の歌「自由に生きるってどんなことだろう」
今日の歌「自由に生きるってどんなことだろう」(2004)日本国憲法は国の最高法規とされ(98条)、この憲法に反する法令や国家の行為は、原則として無効とされる。
No.085 「暗いはしけ」 2013/10/06 アマリアロドリゲス亡くなる。私の日本語でファドの代表作「暗いはしけ」映画「過去を持つ愛情」(1954)の挿入歌。この映画でアマリアは、世界のスターに。
No.084 「今日は帰れない」 2013/10/05 ポーランドのワレサ連帯委員長にノーベル平和賞授与。(1983)その40年前、ゲリラとして戦ったパルチザンの歌として作られ、歌い継がれた「今日は帰れない」。
歌のルーツを探るためポーランドを訪ねた番組が今年NHKの「旅のチカラ」で放送されました。
http://t.co/aBNGGWuBTn
No.083 「サボテンの心」 2013/10/04 辻仁成誕生日(1959)ロックバンド「エコーズ」のメンバー、芥川賞作家、映画監督と幾つもの顔を持つ。彼の曲「サボテンの心」好きで歌ってます。アルバム「花筐」に収録
No.082 「枯れた楓」 2013/10/03 今日の花は楓。ソ連の圧政の頃、詩人エセーニンが詠った歴史的な歌「枯れた楓」。今日はエセーニンの誕生日(1895)でもあります!
エセーニンは大酒飲みで1925年12月27日に「さようなら友よ」とメッセージを残し30歳で自死。壮絶な生涯でした。
No.081 「バーボンストリート」 2013/10/02 スティングの誕生日。ポリスのメンバー。彼の歌が大好きで日本語にして歌った「バーボン・ストリート」アルバム「エスニック・ダンス」の一曲。'94年に武道館で会いました。
No.080 「百年の恋歌」 2013/10/01 日本酒の日。山田錦の里、兵庫県多可町で毎年恒例の日本酒の日コンサート。その年のお酒 も特別販売。今年は「百年の恋歌」能登の恋路海岸に伝わる恋物語をモデルに作った歌
No.079 「夜明けのメロディー」 2013/09/30 五木寛之さんの誕生日。(1932年) 五木さんのオリジナル曲「夜明けのメロディー」、アルバム「登紀子男情歌」にレコーディング。ラジオ深夜便の歌です。
No.078 「軍港の夜」 2013/09/29 '72年、日中国交正常化。日中共同声明調印式で田中角栄、周恩来両首相が署名、成立。生まれ故郷のハルビンで’81年に行ったライブ録音盤から中国の歌「軍港の夜」。
No.077 「いつもそばにいるよ」 2013/09/28 今日(9/28)、東松島でC.Wニコルさんとコンサート。震災後二つの中学を統合した成瀬未来中学校の校歌「いつもそばにいるよ」を作りました。今日は100人の生徒と歌います。
No.076 「止まらない汽車」 2013/09/27 イギリスで世界初の蒸気機関車使用の「ストックトン&ダーリントン鉄道」が開業(1825)。私の歌「止まらない汽車」'80年に松本零士さん原作の映画のテーマとして作曲
No.075 「九月の便り」 2013/09/26 1973年のこの日、獄中の夫、藤本敏夫から届いた手紙の中の詩をもとに作った歌「九月の便り」。 獄中書簡集「絆」(藤原書店) の p387にその手紙があります。
No.074 「旅人」 2013/09/25 魯迅誕生日。上海の旧市街に魯迅の住んだ家が今も残っている。あの古い街並み、中国の旅の思い出を歌った「旅人」。1993年発売のアルバム「モンスーン」の一曲。
No.073 「西武門哀歌」 2013/09/24 西郷隆盛自刃(1877)西南戦争終結。キーワードは西ですね。なので沖縄の歌「西武門哀歌」シングル「知床旅情」のA面でした。これを「ニシンジョウアイカ」と読みます。
沖縄は江戸の頃は薩摩の支配下にあったので、遊郭だった西武門では薩摩の人が遊んだことでしょう。アルバム「沖縄情歌」より
No.072 「最後の手紙」 2013/09/23 ふみの日。佐藤隆の曲に私の詞で「最後の手紙」 (1987)。「My Story」 というアルバムの一曲でした。その後、1998年に再Rec。
No.071 「あまのじゃく」 2013/09/22 夫婦の日。とっても天邪鬼だった夫をモデルに作った歌。「あまのじゃく」。2007年発売のアルバム「シャントゥーズ 2~ 野ばらの夢~」の一曲。歌詞に注目です。
No.070 「Out of Border」 2013/09/21 宮沢賢治37歳で没(1933)若い死!私の37歳は1981年、初めての故郷ハルビンでのコンサートを実現した年。そのライブ盤から「Out of Border」
今年CD化された「中国コンサートライブ、ハルビンの夏」のLPは何と宮澤賢治の命日と同じ9/21が発売日でした。
No.069 「サルビアの花」 2013/09/20 今日の誕生花は赤いサルビア。なので、「サルビアの花」。早川義夫の名曲です。花言葉は「あなたのことばかり思う。」この歌の狂おしいひたむきさが好き!
No.068 「十五夜お月さん」 2013/09/19 今夜は十五夜だそうです。お月様が見えるといいですね。1974年に作った童謡のアルバム「赤い靴」の一曲、「十五夜お月さん」野口雨情の名作。
No.067 「シララの歌」 2013/09/18 1922年金田一京助に見出され上京した年にアイヌ神謡集を残し19歳の若さでこの世を去った知里幸恵の命日。彼女の神謡の一節を盛込んで作った私のオリジナル「シララの歌」
No.066 「酔えば」 2013/09/17 若山牧水没(1928)。本当にお酒の好きな人だったそうで。私のオリジナル曲「酔えば」を捧げます。1979年に作った曲。「ほろ酔いコンサートライブ」より
No.065 「形あるものは空」 2013/09/16 1923年無政府主義者大杉栄、伊藤野枝が絞殺された日。まだ満6歳だった甥の橘宗一も。関東大震災の混乱の中、甘粕大尉の独断で強行された。贈る歌は「形あるものは空」
No.064 「ひとり寝の子守唄」 2013/09/15 1969年「ひとり寝の子守唄」発売。25歳の作。地味な歌だけど結構ヒット。この年のレコード大賞歌唱賞を受賞。今でも欠かさず歌っている私の原点。
No.063 「ミラボー橋」 2013/09/14 イベット・ジローの誕生日。日本に何度も来日したシャンソン歌手。彼女の得意曲、「ミラボー橋」を私の歌で。デビューの頃はよく歌っていました。
No.062 「悲しみにバイバイ」 2013/09/13 1958年玉置浩二さん誕生日。彼が素敵な曲を贈ってくれました。アルバム「命結」に収録した「悲しみにバイバイ」。
No.061 「Running on」 2013/09/12 一説によると紀元前450年の今日がマラトンの戦い。伝令に選ばれた兵士が走った距離が約40km。マラソン競技の名前の由来。で、今日の歌は「Running on」
No.060 「千の風になって」 2013/09/11 '01年9・11テロで父を亡くした少女がグランドゼロで朗読した「千の風になって」。戦争中に母国ドイツにいる母を亡くしたアメリカのユダヤ女性に贈られた詩が原詩。
No.059 「嵐が過ぎて」 2013/09/10 1965年室戸岬で日本観測史上最大の風速毎秒69.8mを記録。なぜか夢の中で作曲した「嵐が過ぎて」。アルバム「愛する人へ」の一曲です。
No.058 「アバンチュール」 2013/09/09 救急車のサイレンの音を歌っているちよっと危ない恋の歌。「アバンチュール」。 坂本龍一さんと作ったアルバム「愛はすべてを赦す」の一曲。
No.057 「帆を上げて」 2013/09/08 1900年のこの日、夏目漱石イギリス留学に出発。 ヨットマン堀江謙一さんの誕生日でもあるので、「帆を上げて」。 アルバム「Out of Border」より。
No.056 「Deportee」 2013/09/07 今日の花はオレンジ。ウディー・ガスリーの名曲「Deportee」。オレンジの刈り入れの季節、メキシコから出稼ぎに来た労働者の悲劇を歌っている。
No.055 「黒の舟歌」 2013/09/06 黒の日。あっさり「黒の舟歌」 でいきましょう。 野坂昭如さんが創唱。今日は長谷川きよしさんとのデュエット版で。二人分以上の「黒の舟歌」です
No.054 「コウジ」 2013/09/05 クリーンコール~石炭の日。「コウジ」倉本聰作詞、加藤登紀子作曲。悲別の炭鉱前での野外コンサートの為に書き下ろしそのまま未レコーディングの曲。ライブの音源が残っていた!
No.053 「月に向かう馬」 2013/09/04 武豊騎手、フランスのムーラン・ド・ロンシャン賞で日本人騎手初の海外GIレース勝利。「月に向かう馬」バルバラの歌。「千匹の馬が月に向かってギャロップ、、」
No.052 「アメイジング・グレイス」 2013/09/03 1944年アンネ・フランクがアウシュビッツに移送された日。祈り込めて、娘のYaeとレコーディングした「アメイジング・グレイス」を贈ります。
No.051 「わが人生に悔いなし」 2013/09/02 1938年 なかにし礼さん誕生日。彼の詞で私の作曲「わが人生に悔いなし」。石原裕次郎さんの最後のレコーディングとなった曲。
No.050 「赤いダリア」 2013/09/01 ロシアも新学期、子供達は庭の花を手に登校。1992年、ウラジオストックのコンサートから帰国する朝、私も見送りの人からたくさんダリアを貰った。
No.049 「Freedom」 2013/08/31 ’49年キティ台風で板橋の家の台所の屋根が吹っ飛んだ。翌朝母が「台所が明るくなっちゃって、空がキレイ!」と嬉しそうに叫んだのを覚えている。
No.048 「鳳仙花」 2013/08/30 1941年のこの日、韓国の作曲家 洪蘭坡(ホン・ナンパ)さん、獄中で亡くなる。心を込めて彼の遺作 「鳳仙花」を。
No.047 「唯ひとたびの」 2013/08/29 '29年ドイツの飛行船 ツェッペリン号22日間世界一周。曲は映画「会議は踊る」のテーマ「唯ひとたびの」。「風立ちぬ」の中で同じ歌をドイツ人のカストルプが歌っている
No.046 「野ばらの夢」 2013/08/28 ゲーテの誕生日。ゲーテといえば「野ばら」。2007年、藤井フミヤさんがこの歌を贈ってくれました。「野ばらの夢」。アルバム「シャントゥーズ2」より。
No.045 「私は修羅」 2013/08/27 宮澤賢治誕生日(1896) 彼の詩集「春と修羅」に触発されて作った「私は修羅」。「海の広さのただ中に、赤い血潮のひとしずく…」
No.044 「ゆうべ酒場で聞いた歌」 2013/08/26 1993年、地ビール容認へ。飲んべえの親父を持った子供の気持ちを歌った、こんな歌はいかが?「ゆうべ酒場で聞いた歌」。1972年の日比谷野音ライブ版に収録。
No.043 「バラ色の人生」 2013/08/25 パリ解放。4年間のドイツ占領に終止符。「バラ色の人生」二つの大戦を生き抜いたエディット・ピアフのオリジナル。解放の喜びに満ちている。7/26のライブ映像より。
No.042 「五右衛門節」 2013/08/24 石川五右衛門 釜茹でにされる。(1594) 私は石川五右衛門の大ファン。檀一雄作 「真説 石川五右衛門」にはまり、作詞作曲した「五右衛門節」。
No.041 「カチューシャ」 2013/08/23 '45年終戦後、ハルビンで軍の官舎から収容所に送られた日。私は1歳8ヶ月。侵入してきたソ連の戦車と遭遇。それが俗称カチューシャ。だから、今日の歌は「カチューシャ」。
No.040 「花」 2013/08/22 父幸四郎の通夜の夜の日比谷野音コンサート。ゲストの喜納昌吉さんの「花」をみんなで歌って父を送ったフィナーレが忘れられない。アルバム「沖縄情歌」でもラストを締め括る曲 
No.039 「風歌」 2013/08/21 1611年の大地震で猪苗代湖出現。 何の縁か加藤登紀子が白虎隊のドラマのために作詞作曲した「風歌」。因みに白虎隊の自刃の決行は1868年8月23日。
No.038 「街灯」 2013/08/20 '68年ソ連など5カ国軍チェコ侵攻。この時私はソ連コンサートツアー中。この事実を知らなかった。当時歌ったソ連のポップス「街灯」。アルバム「ロシアのすたるじい」より
No.037 「オルフェの唄」 2013/08/19 '98年、サンパウロでコンサート。この日フィナーレは「オルフェの唄」の感動的な大合唱!行きの飛行機の機内パンフでこの歌の歌詞を見つけて日本語をつけた!まるで奇跡
No.036 「エージデー(母よ)」 2013/08/18 '79年、モンゴル旅行でゴビ砂漠の馬に乗り、夕陽を眺め、満点の星に包まれていた。今日の歌はモンゴルの歌「エージデー(母よ)」。因みに今日はチンギス・ハーンの命日。
No.035 「蒼空」 2013/08/17 1997年のこの日、 京都仁和寺の山門前での野外コンサート。 ハイライトは「蒼空」でした。 南アフリカレコーディング版 「TOKIKO SKY」から。
No.034 「月見草」 2013/08/16 京都大文字送り火の日。2011年の大文字は満月だった。心に沁みる炎の祭り。今日の歌は、三高の寮歌から「月見草」。「日本寮歌集」より。
No.033 「生まれた街」 2013/08/15 生まれ故郷のハルビンで終戦を迎えた。それから37年後ハルビンで歌った「生まれた街」を、初CD化された1981年の中国コンサート・ライブ版で!
No.032 「あなたの気配」 2013/08/14 一人ぼっちの夏休みしてる人に贈ります。夫が獄中にいた夏、生まれたばかりの娘との毎日でした。1973年の曲「あなたの気配」
No.031 「タユタウタ」 2013/08/13 2004年、沖縄国際大学に米軍のヘリコプターが墜落。今も痕跡が残ってます。この大学の卒業生ウエズキヨサクが作詞作曲した「タユタウタ」。アルバム「命結」の一曲。
No.030 「一羽の鳥」 2013/08/12 1985年 御巣鷹山の事故。520人死亡4人生還。この日八重山諸島の小浜島にいた。哀悼を込めて、「一羽の鳥」。
No.029 「貝殻のうた」 2013/08/11 2011年3月11日から2年5ヶ月。今日は福島の詩人、和合亮一さんの詩に伊藤康秀さんが作曲の「貝殻のうた」。福島支援の為に作ったアルバム「ふくしま・うた語り」から
No.028 「飾りじゃないのよ涙は」 2013/08/10 ハットする感じで、「飾りじゃないのよ涙は」中森明菜さんのカバーです。
No.027 「ダニーボーイ」 2013/08/09 長崎原爆投下の日。広島で原爆被災し故郷長崎に帰り着いて、再び原爆に遭った二重被曝者、山口疆さんの映画「二重被曝」のテーマになった私の「ダニーボーイ」を今日の歌に
No.026 「富士山だ」 2013/08/08 '56年中学1年の夏休みのこの日、京都から東京へ引越し。朝焼けの空に夜行列車の窓から初めて富士山を見た。阿久悠さんの作詞で私の作曲「富士山だ」。写真撮影は私。
No.025 「花染め節」 2013/08/07 1996年の劇的な南西諸島ツアー。巨大台風12号と同行!この日は徳之島で公演。なぜか台風は上陸せず。奄美の歌「花染め節」アルバム「花」より。
No.024 「HIROSHIMA」 2013/08/06 ヒロシマ原爆投下の日。今日の歌は「HIROSHIMA」。1991年広島平和音楽祭のために作詞作曲。
No.023 「赤い風船」 2013/08/05 デビュー2作目のシングル「赤い風船」の発売された日です。この曲で1966年のレコード大賞新人賞をいただきました。
No.022 「Revolution」 2013/08/04 箸の日。1989年にオリジナルの箸「はし in バッグ」をグッズとして発売。きっかけは「Revolution」。フランス革命200年記念の仏コンサートで発表。
No.021 「シパンゴ」 2013/08/03 コロンブスが探検に出発した日。なので今日の歌は「シパンゴ」。シパンゴとは日本のこと。コロンブスは本当は日本を目指して旅立ったそうよ。90年フランスでレコーディング。カタログNo. SRCL-3508
No.020 「もののけ姫」 2013/08/02 1998年日比谷野音で、ゲストに久石譲さん。飛び入りで宮崎駿さんも登場。「もののけ姫」歌ったのよ!奇跡的にライブ音源が残っていました。
No.019 「陽ざしの中で」 2013/08/01 何故か、洗濯機の日!家ではこの間、二層式の洗濯機が壊れて、買い替えたばかり。もちろんまた二層式です!今日の歌は「陽ざしの中で」。洗濯日和になるかしら?
No.018 「檸檬」 2013/07/31 藤本敏夫命日 。なので「檸檬」。2002年彼が他界した翌々年、千葉県房総の鴨川自然王国に檸檬の木を植えました。アルバム「今があしたと出会う時」に収録。
No.017 「 いく時代かがありまして 」 2013/07/30 1912年のこの日は明治最後の日 だそうです。中原中也の詩の一節をもとに作詞作曲した「 いく時代かがありまして 」を選びました。1973年の作品。
No.016 「愛と死のミュゼット」 2013/07/29 「愛と死のミュゼット」シアターブルックの佐藤タイジが作詞作曲、デュエットでレコーディング。シアターブルックのアルバム「最近の革命」に収録。
No.015 「愛はあなたの胸にーL'amour dans ton coeur」 2013/07/28 今日のフジロックで歌う「愛はあなたの胸にーL'amour dans ton coeur」。この秋公開の映画 「キャプテンハーロック」の挿入歌として作詞作曲。
No.014 「I Love You」 2013/07/27 今日はフジロックでアトミックカフェ 。スタートは'84年日比谷野音。尾崎豊が骨折しながら歌った伝説のステージ。今日は私の歌で「I Love You」を。
No.013 「愛の讃歌」 2013/07/26 今日は 、没後50年のエディット・ピアフに捧ぐオーチヤードホールコンサート、「生きるための歌ー愛の讃歌。」私の訳で「愛の讃歌」を聞いて下さい。
No.012 「色即是空」 2013/07/25 1972年のこの日、日比谷野音でサヨナラコンサート。結婚出産のため歌手活動にピリオド 。この日の幕開きが「色即是空」。CD「真夏の夜のコンサート」に収録
No.011 「百万本のバラ 」 2013/07/24 '68年初めてのソ連演奏旅行に横浜港から出発した日。この時にコンサートを行ったラトビアでこの年に作曲されたのが「百万本のバラ 」シャントゥーズTOKIKOから
No.010 「コンドルは飛んで行く」 2013/07/23 今日は暦の上では「大暑」。高い山に登った気分で、「コンドルは飛んで行く」 初めてCD化された 長谷川きよしさんとのデュエットライブ版から。
No.009 「過ぎし日のラブレター」 2013/07/22 1968年の今日、信州上田で藤本敏夫と逢引。その時に手渡された忘れられない手紙。今日の歌は一番新しいオリジナルラブソング「過ぎし日のラブレター」。
No.008 「わせねでや 」 2013/07/21 今日はTBC仙台夏祭り。加藤登紀子 with みちの空と仙台南高校のみんなで「わせねでや 」を歌います。震災の苦しみから生まれた歌。でも元気が出ます!
No.007 「そこには風が吹いていた」 2013/07/20 宮崎駿さんの新作、「風立ちぬ 」今日が初日。この作品は1930年代の日本 が舞台です。アルバム「風歌」の中から「そこには風が吹いていた」を!1996年の作品。
No.006 「Woman of Ireland」 2013/07/19 スーパーウーマンの日 なんですって!ロスでレコーディングしたアルバムから、アイリッシュの歌「Woman of Ireland」を選びました。 歌詞が凄いのよ!
No.005 「時には昔の話を 」 2013/07/18 宮崎駿のアニメーション映画「紅の豚」1992年の今日が初日。登紀子はジーナの声で出演。ラストテーマ曲が「時には昔の話を 」でした。1987年作詞作曲。
No.004 「恋人が一輪の花をくれた 」 2013/07/17 石井好子さんの命日 。エディット・ピアフの歌の中で一番好きと石井さんの選んだ 歌「恋人が一輪の花をくれた 」2006年アルバム「シャントゥーズ・トキコ」に収録。
No.003 「New Revolution」 2013/07/16 1945年アメリカの原爆実験が成功した日。 怒りを込めて、私の「New Revolution」 シアターブルックの佐藤タイジと去年のTEDxTokyoで発表 。
No.002 「海からの願い」 2013/07/15 海の日。「海からの願い」1972年、Save Our Sea のメッセージを込めて作詞作曲。結婚前のリリース アルバム「色即是空」の1曲。
No.001 「ジョナタン・エ・マリ」 2013/07/14 パリ祭。1965年7月14日、日比谷野音のパリ祭がシャンソンコンクール優勝者としての初舞台。その日歌った「ジョナタン・エ・マリ」ラジオ放送からの録音音源です。
No.000 2013/07/14 本日7月14日から、★Tokiko50周年まで500曲マラソン★始めます。2014年12月が50周年スタート、それまでの毎日、その日にまつわる出来事と歌を紹介して行きます。ぜひお付き合い下さいね!