「歌い綴る自分史」は加藤登紀子ファンクラブの会報「登紀子倶楽部通信」に連載中です。
2009年 春
 ■ 48 ■ 熱気いっぱいの二十周年
2008年 冬
 ■ 47 ■ 四十才のファンファーレ
2008年 秋
 ■ 46 ■ 『居酒屋兆治』の夏
2008年 春夏
 ■ 45 ■ 音楽のボーダーを超える
 2007年 冬
 ■ 44 ■ 大切な出逢い
 2007年 秋
 ■ 43 ■ 大雨のち晴れ
 2007年 春
 ■ 42 ■ それぞれの航海
 2006年 冬
 ■ 41 ■ 星空の啓示
 2006年 秋
 2006年 春
 ■ 39 ■ ふたつの歯車
 2005年 冬
 
 2005年 夏・秋
 
 2005年 春
 
 2004年 冬
 ■ 35 ■ 黒羽からの帰還
 
 2004年 秋
 
 2004年 春・夏
 ■ 33 ■ はじめての沖縄
 
 2003年 冬
 ■ 32 ■ 南米への旅
 
 2003年 秋
 ■ 31 ■ 私自身のための歌
 
 2003年 春・夏
 ■ 30 ■ ふたたび歌へ
 
 2002年 冬
 ■ 29 ■ 母としての日々
 
 2002年 秋
 ■ 28 ■ はじめての出産
 2002年 春・夏
 2001年 冬
 2001年 秋
 ■ 25 ■ 結婚という出来事
 2001年 春・夏
 ■ 24 ■ 瓶につめた砂
 2000年 冬
 ■ 23 ■ さよならの春
 2000年 秋
 2000年 春・夏
 ■ 21 ■ 地に響く群集に声
 1999年 冬
 ■ 20 ■ めぐり逢う歌
 1999年 秋
 ■ 19 ■ ゼロの地点から
 1999年 春・夏
 1998年 冬
 ■ 17 ■ 凍てついた冬
 1998年 秋
 ■ 16 ■ 別れの朝
 1998年 春・夏
 ■ 15 ■ 街 灯
 1997年 冬
 ■ 14 ■ 白夜の街
 1997年 秋
 ■ 13 ■ 神様の命令
 1997年 春・夏
 ■ 12 ■ 卒 業
 1996年 冬
 ■ 11 ■ 花も実もまだ苦し
 1996年 秋
 ■ 10 ■ 歌手入門
 1996年 春・夏
 ■ 09 ■ デビューへの階段
 1995年 冬
 ■ 08 ■ 歌への出帆
 1995年 秋

 ■ 07 ■ 嵐の恋

 1995年 春・夏
 ■ 06 ■ 恋の予感
 1994年 冬
 ■ 05 ■ 模索の時代
 1994年 秋
 ■ 04 ■ 受験生行進曲
 1994年 春・夏
 ■ 03 ■ 目醒めの季節
 1993年 冬
 ■ 02 ■ 少女のころ
 1993年 秋
 ■ 01 ■ 故郷のうた