加藤登紀子プロフィール

pro2010-300x300

加藤登紀子 -Tokiko Kato-
1943年ハルビン生まれ。

1965年東京大学在学中第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」でレコード大賞歌唱賞を受賞。以後、80枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に送り出してきた。国内コンサートのみならず、1988年、1990年のカーネギーホールをはじめ、世界各地でコンサートを行っており、1992年には、芸術文化活動における功績に対してフランス政府からシュバリエ勲章を授けられた。近年は、FUJI ROCKFESTIVALなど野外フェスにも意欲的に挑戦し、世代やジャンルを超えた活動で注目を浴びている。
昨年2015年はデビュー50周年を記念し、ヒット曲「百万本のバラ」の生まれたラトビアのリエパーヤ交響楽団と日本ツアーおよびラトビアでコンサートを行った。

本年2016年はエディット・ピアフ生誕100年に捧ぐ、加藤登紀子「ピアフ物語」で国内ツアー後、11月にフランス・パリ公演を予定している。


歌手活動以外では女優として『居酒屋兆治』(1983年)などに出演、宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としての魅力も発揮した。
また、千葉県鴨川市の「鴨川自然王国」を拠点として、循環型社会の実現に向けて活動を続けている。地球環境問題にも積極的に取り組み、1997年にWWFジャパン顧問及びWWFパンダ大使に就任したのに続き、2000~2011年にUNEP(国連環境計画)親善大使としてアジアやオセアニア各地を精力的に訪れ、自らの目で見た自然環境の現状を広く伝えるほか、音楽を通じた交流を重ねた。


【出版】2003年自叙伝『青い月のバラード』(2003年単行本・2007文庫本、小学館)
2005年夫、藤本敏夫との獄中往復書簡をまとめた『絆』(藤原書店)
2011年「スマイル・レボリューション(白水社)3.11から持続可能な地域社会へ」2012年対談集「命を結ぶ」(中央法規出版)
2013年「君が生まれたあの日 未来への手紙〜」(廣済堂出版)
2016年「愛の讃歌 エディット・ピアフの生きた時代」(東京ニュース通信社発行)

【CD・DVD最近のリリース】
4枚組CDアルバム「終わりなき歌 加藤登紀子半世紀BEST」
50周年記念CDアルバム「百歌百会」出会いから生まれた歌
50周年記念DVD、加藤登紀子50周年記念「百万本のバラコンサートwith ラトビア・リエパーヤ交響楽団」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です