NHK総合「クローズアップ現代+」に出演します。


105歳で亡くなった日野原重明さんの追悼特集に出演させていただくことになり、改めて数奇なご縁に驚いています。
去年の11月10日、日野原先生主催の「新老人の会」のゲストに呼んでいただき、先生のご講演の後に歌ったのでした。

車椅子に座ったままでしたけれど、ピンク色のジャケットの先生はお元気にお話をされ、その後の私の歌をステージの前で聞いてくださったのでした。歌い終わった時、車椅子から立ち上がって拍手をしてくださり、思わず 私も駆け寄り、抱き合いました。
この数日後も地方での講演があったそうですが、そこで先生の公的活動は終わったそうです。

生涯現役で生き生きとたくさんの役割を果たされ、ご自宅で静かな最期を遂げられた、本当に自然体の素晴らしい人生。
その最後の最後に、歌を聴いていただけたこと、本当に嬉しいです。
先生はシャンソンが好きで、石井好子さんと仲が良くて、石井さん主催のチャリティーコンサートに出演もされて、歌っていらっしゃいます。

その人生の中で忘れられないのは、70年のよど号のハイジャックの飛行機に乗ってらしたこと。
この事件についてお話をする機会がなかったのが残念ですが、事件を起こした赤軍派の学生たちのその後の辛い運命を思うにつけ、この瞬間に立ち会われたことが深い縁のように思えます。
偶然ですが95年に私もハイジャックに遭遇しています。
3月に地下鉄サリン事件のあった年の6月21日でした。
幸い無事16時間で解放されたのでしたが、この時代に何か恐ろしい事が始まっているようで慄然としたものです。

地下鉄サリン事件の時に、日野原先生は聖路加病院の院長として、サリン事件の被害者を即刻受け入れる判断を下され、たくさんの方が助かったと聞きました。
医師としての現場での功績、そして生きることへの毅然とした肯定感。
本当にありがたいです。

今夜は日野原さんのために生で歌を歌うことになっています。
是非放送を見て下さい。http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

さて、先週末は、フジロックでした。生憎の雨でしたけど、カフェ・ド・パリはムンムンの熱気で、2時間のライブは本当に濃かったです。
若い人たちの歌に集中する力に大きな刺激をもらいました。

来週末5日は、立川のたましんRISURUホール(16:00開演)でのオーケストラとのコンサート、コーラスとの共演も楽しみです。久しぶりに島さんのピアノで歌うピアソラも、楽しみ。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.

Comments are closed.