美空ひばり生誕80周年、東京ドーム2017!


4月5日の東京ドームでの「生誕80周年記念コンサート」の録画番組が、10日の夜放送されました。私はドームで生を聞いていたので知っている部分もあったのですが、番組では、それ以上にひばりさん自身の古い映像が満載で、その歌の力に改めて聞き入りました。

このドーム企画は、美空ひばりを今のJポップの若いアーティスト達が歌う、という試み。それがとっても面白かった。
きゃりーぱみゅぱみゅの「東京キッド」から始まり、AKB48の「悲しき口笛」へとつながるオープニング、印象深かったのはLittle Glee Monsterの「りんご追分」、ゴスペラーズが完全アカペラで歌った「真赤な太陽」。そして、今回私自身の「ひばりとピアフ」でも最も重要な曲「終りなき旅」をEXILEのSHOKICHIが歌ったこと。

今年の5月29日に80歳になる美空ひばりさんの歌が、これから改めてスタンダードになって行く、その流れが始まったのでしょう。
私のコンサート「ひばりとピアフ」も5月28日が初日、神戸国際会館からスタートです。6月4日が山形シベール、6月11日が東京Bunkamuraオーチャードホールです。

私のステージでも、アレンジは完全に自由にさせて頂いています。例えば「柔」はベースだけのアレンジ、そして「悲しい酒」もピアノ バラード、「みだれ髪」はタンゴです。
全体としてひばりさんのソウルの基本はブルースだと感じています。歌うほどに、曲の魅力を発見。コンサートが楽しみです。

さて、来週末22日は東京代々木公園での「アースデイ東京2017」に参加します。
こちらは、まったく違うユニットで。娘のYae、FUNKISTと一緒にセッションします。
天気になるといいね。

その間に「ひばりとピアフ」のライブ盤2枚組のCDの仕上げを急いでいます。5月28日に発売の予定です。
楽しみにしていてください。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.

Comments are closed.