disco_graphy オンエア情報

TV

NHKEテレ
日曜美術館「辺境の向こう側を見た男 秋野亥左牟」

2019年12月24日(日)21:00〜21:45, 再放送12月1日(日)20:00~20:45

友人の故秋野亥左牟さんを語ります。

NHK BSプレミアム
「歌のあとさき」

2019年11月1日(金)、8日(金)、15日(金)、22日(金) 20:45〜21:00

一人のアーティストの歌人生を曲でたどる15分番組 加藤登紀子の波乱万丈エピソードと音楽を紹介します。

RADIO

ラジオ日本 (1422kHz)
加藤登紀子の地球に乾杯!!

毎週水曜日 レギュラー番組 22:30~ 23: 00

ラジオ関西 (558kHz)
加藤登紀子の地球に乾杯!!

毎週月曜日 レギュラー番組 ラジオ関西 19:00~19:30

地球規模の環境問題を話し合い、個人レベルでできる環境保全活動を紹介する。
Yaeとの親子トークも盛り上がります

BOOK

アルファベータブックス
加藤登紀子 にっぽん漂流

2018年10月25日


コンサートで北海道から沖縄まで飛び回り、
人々との触れ合いを綴った貴重な旅日記。


¥1,500+税


朝日新聞出版
TOKIKO’S HISTORY-Since1943 運命の歌のジグソーパズル 加藤登紀子

2018年4月20日


波乱万丈の半生を描く自伝。


¥1,620


徳間書店 ISBN:978-4-19-864184-9 判型/仕様:A5判
愛の讃歌 エディット・ピアフの生きた時代

2016年6月14日(火)


フランスの国民的歌手、エディット・ピアフが生まれて今年で100年。「愛の讃歌」「ばら色の人生」などで知られるピアフの短い生涯(47歳で没)は今でも謎で包まれている。
そんなピアフを心から敬愛する日本のシャンソン歌手の加藤登紀子。加藤は「ピアフ物語」と題し、舞台でピアフの生きた時代をモノオペラで演じている。
ピアフの生誕100年(1915年12月19日生まれ)、この記念すべき年に、加藤はパリに赴きピアフの足跡を訪ねる。


定価:本体2,000円+税

本サイトからも購入できます!《SHOP》


廣済堂出版
君が生まれたあの日 未来への手紙

2013.2.14

「nepiaGENKI!」提供の人気ラジオ番組「君が生まれたあの日」で放送された手紙のなかから選びぬかれた35 通。
登紀子のあたたかく、強く、しなやかなコメントが歌のように響く、未来への希望のメッセージです。

¥1,000

中央法規出版
命を結ぶ 加藤登紀子・対談

2012,3/11


3.11以降、私たちはこの国の新しい未来のために、どのように考え行動すべきか。
加藤登紀子が「行動する知の達人」7人と語りつくした明日の日本の“道しるべ”
<東日本大震災復興支援企画>


¥1,500(税別)

四六判/240頁/
※本書の印税は、「命結-ぬちゆい基金」として、すべて東日本大震災の被災者支援のために使われます。


白水社
スマイル・レボリューション

2011,10/19

鴨川自然王国の林良樹との共著。危機に面しているこの巨大文明を見つめなおし未来に向けて希望の種をまく。

¥1890